産経ニュース

映画「ジュラシック・ワールド」トレボロウ監督 第1作の興奮、今の子供たちにも

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


映画「ジュラシック・ワールド」トレボロウ監督 第1作の興奮、今の子供たちにも

「恐竜を化け物として描かず、かつて地球にいた動物として敬意を払った」と語るコリン・トレボロウ監督

 「なかなか驚いてくれない最近の観客を驚かすため、脚本作りでは、物語の先を読ませないように苦労した。それにしてもスピルバーグはすごい。まるで井戸みたいに次々とアイデアがわき出してくる。本当に想像力が豊かなんだ」

 米国などでは大ヒットを記録しており、続編の製作も決まっている。16歳のトレボロウ監督がこの作品を見たら、どう思うだろう。

 「エンドロールで監督の名前が自分になっているのを知って、仰天するだろうね」(岡本耕治)

このニュースの写真

  • 映画「ジュラシック・ワールド」トレボロウ監督 第1作の興奮、今の子供たちにも

「エンタメ」のランキング