産経ニュース

「犬神家の一族」の俳優、加藤武さん死去 86歳、スポーツジムのサウナで倒れ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「犬神家の一族」の俳優、加藤武さん死去 86歳、スポーツジムのサウナで倒れ

加藤武さん=2007年5月、東京都新宿区(撮影・高橋朋彦)

 市川崑監督の「犬神家の一族」の警官役などで知られる俳優で、文学座代表の加藤武(かとう・たけし)さんが7月31日、死去した。86歳。葬儀は近親者のみで行う。

 早稲田大学を卒業し、一時教職に就くが、昭和27年、文学座研究所に入所し、俳優の道を選んだ。舞台俳優として「女の一生」「風の中の蝶たち」などに出演するかたわら、映画では黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る」や、今村昌平監督作品の脇役で渋い演技を見せた。「釣りバカ日誌」シリーズの秋山専務役でも知られる。

 永六輔、柳家小三治、矢野誠一らと句会を結成、俳句をよくすることでも知られる。著書に「街のにおい芸のつや」など。また幼い頃から歌舞伎に親しみ、伝統芸能にも造詣が深かった。

 舞台では昨年、「夏の盛りの蝉のように」に葛飾北斎役で主演。紀伊國屋演劇賞の個人賞を受賞した。

 文学座によると、加藤さんは31日夕方、スポーツジムのサウナで倒れ、その後、都内の病院で死亡が確認されたという。

このニュースの写真

  • 「犬神家の一族」の俳優、加藤武さん死去 86歳、スポーツジムのサウナで倒れ
  • 「犬神家の一族」の俳優、加藤武さん死去 86歳、スポーツジムのサウナで倒れ
  • 「犬神家の一族」の俳優、加藤武さん死去 86歳、スポーツジムのサウナで倒れ

「エンタメ」のランキング