産経ニュース

一青窈「ハナミズキ」 他者の幸せ、祈りが昇華 きっかけは9.11

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


一青窈「ハナミズキ」 他者の幸せ、祈りが昇華 きっかけは9.11

名曲を書くには「時代をつかみ取る力と本質を見抜く忍耐力が必要だと思います」と語る一青窈 (宮崎瑞穂撮影)

 歌手で作詞家の一青窈(ひとと・よう)(38)が、代表曲「ハナミズキ」(平成16年発売)を初めてセルフカバーした。この曲は、大手カラオケメーカーの年間チャートで11年連続トップ10入り。実力派ミュージシャンたちにもカバーされている。この曲が愛され続ける理由は-。(竹中文)

 「『ハナミズキ』はメロディーラインの美しさに加え、歌詞が分かりやすく、核心をついている。ありきたりではない表現まで昇華できた曲だとも思います」

 「ハナミズキ」が人気を集める理由を一青は、こう分析する。原曲の発売から11年という長い年月が経過した。それでも「唯一、変わらないように歌っているのが『ハナミズキ』。自分を原点に戻してくれる曲で、純粋な気持ちで歌い続けられます」。言葉を選びながら落ち着いた声で語る。その慎重な姿勢からは、自身が発する言葉に対する責任感と誠意が感じられる。

 「ハナミズキ」は、13(2001)年に米中枢同時テロが発生したとき、現地に住む男性の友人と彼の恋人の幸せを願い、作詞した。この友人は、一青が慶応大学環境情報学部に在籍中、同じアカペラサークルに所属していた。

「エンタメ」のランキング