産経ニュース

ガンダム新作アニメ「鉄血のオルフェンズ」10月スタート 絆・成長の人間ドラマ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ガンダム新作アニメ「鉄血のオルフェンズ」10月スタート 絆・成長の人間ドラマ

公開された「鉄血のオルフェンズ」のイメージ画像(c)創通・サンライズ・MBS

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」の新作テレビシリーズ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が10月4日から毎週日曜午後5時、MBS・TBS系列で放送されることが発表された。過去のシリーズ作に比べ、主人公の少年たちの絆や成長といった人間ドラマに焦点を絞った物語が特徴という。

 「鉄血の-」は、「厄祭戦」と呼ばれる大戦の約300年後が舞台。火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)」に所属する少年、三日月・オーガスが厄祭戦時代のモビルスーツ「ガンダム・バルバトス」に乗り込み、大人たちに反旗を翻す。

 「バルバトス」以外にも複数のガンダムが登場予定で、敵から奪うなどしたパーツを換装し、ガンダム自身が変化していくという。企画や製作を手掛けるサンライズの宮河恭夫社長は記者会見で、「歴史を踏襲しつつ、進化を遂げる新しいガンダムにご期待ください」と力を込めた。

 監督を長井龍雪さん、シリーズ構成を岡田麿里さんが担当。映画化もされたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で監督と脚本を務めた2人がタッグを組む。漫画家として活躍している伊藤悠さんがキャラクターデザイン原案を担当する。

このニュースの写真

  • ガンダム新作アニメ「鉄血のオルフェンズ」10月スタート 絆・成長の人間ドラマ

「エンタメ」のランキング