産経ニュース

7月20日は「友だちの日」 「嵐」提唱、小山薫堂と企画立案

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


7月20日は「友だちの日」 「嵐」提唱、小山薫堂と企画立案

 人気アイドルグループ「嵐」が、提唱している記念日「7月20日は『友だちの日』」を広めたいと、メンバーの大野智(34)と相葉雅紀(32)が、放送作家で脚本家の小山薫堂(くんどう)(51)のラジオ番組「ジャパモン」(TOKYO FM系)にゲスト出演し、企画を練った。

 7月20日は、1969年に米国の有人宇宙飛行「アポロ計画」で人類が初めて月面着陸に成功した日。「うれしいことを分かち合おう」という思いから、アルゼンチンなど中南米で「友情を確認し合う日」とされている。東日本大震災が起きた平成23年から始まった、小山監修のイベント「嵐のワクワク学校」で昨年から提唱している。

 中南米では、友人に電話をかける、手紙を書く、会ってプレゼントを贈るなどの慣習がある。嵐のメンバーは、映画館や遊園地などで「友だちと一緒に行くとサービスがある」などを提案。小山は「互いを褒め合い、会話を録音する」ことを挙げた。何年か後に聞いて友情を再確認するのが狙いだ。

 番組ではこのほか、フレンチのシェフ、須賀洋介氏による「トマトとバジルの友だち丼」を紹介。バジルはコンパニオンプランツ(共栄作物)と呼ばれ、トマトを害虫から守り、生育を促進させ、風味を良くする。須賀氏は「バジルは虫を寄せ付けず、余計な水分を吸うのでトマトが甘くなる」と話す。

 丼は合いびき肉がメーンで、仕上げに相葉がスパイスを加えて完成。レストランなどで採用されることも期待する。

 同番組は19日午後1時から放送される。(藤沢志穂子)

「エンタメ」のランキング