産経ニュース

中居正広が“神仕切り”で“塩センス”の芸能人に迫る

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


中居正広が“神仕切り”で“塩センス”の芸能人に迫る

“塩センス”の板東英二(前列左)、半井小絵(同中央)ら

 中居正広(42)がお騒がせな「塩センス」の芸能人たちの問題点を浮き彫りにし解決策を見いだしていく番組「中居正広のこうして私はやっちゃいました!神センス塩センス!」(フジテレビ系)が22日午後10時から放送される。

 「塩センス」とは、視聴者や周囲の人間から批判され、たたかれる対応をしたセンスの持ち主のこと。

 まず、ゲストの板東英二は個人事務所の問題が発覚した際、謝罪会見で驚きの発言をして、その塩センスが各方面からたたかれた。中居は「あの発言は塩じゃなくて神センスだよね。テレビを見ながら笑った」と発言。やがて本音とともに“板東節”が炸裂(さくれつ)する。

 銀行員からNHKのお天気キャスターへと華麗なる転身を遂げた半井小絵(なからい・さえ)。しかし、不倫疑惑が発覚し、NHKとの契約が切れると今度はセクシーDVDや写真集を出し世間を驚かせた。現在は演技の猛特訓中で「いつかは映画に出たい」といい、中居は「このポジティブ、この意欲、うらやましい」と“神仕切り”でポンポン語る。

 だが、「誰も言わないならオレが言ってやる。全部20点!」と半井に落第点を付けるカンニング竹山。「生半可な覚悟でやるな」と大久保佳代子も“参戦”する。

 さらに「1億円分は酒を飲んできた」という歌手の石井明美、以前ある歌姫と熱愛報道された内山麿我(まろか)、年齢詐称でたたかれてしまった夏川純、マネジャーがいないと何もできない紫吹淳、恋をすると男性に重たがられるMAXのLINA、一般人から政治家になり調子に乗ってしまった杉村太蔵らさまざまな「塩センス」が勢ぞろいする。

「エンタメ」のランキング