産経ニュース

【鑑賞眼】歌舞伎座六月大歌舞伎 昼夜で初々しい赤姫の味わい

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【鑑賞眼】
歌舞伎座六月大歌舞伎 昼夜で初々しい赤姫の味わい

 昼夜に配した「新薄雪物語」が大顔合わせの大歌舞伎。昼。「花見」は、園部左衛門(中村錦之助)と薄雪姫(中村梅枝(ばいし))の淡い恋。姫はその後、「詮議(せんぎ)」で中村児太郎(こたろう)、夜の「広間」で中村米吉。新進女形への振り分けが功を奏し、赤姫の味わいが初々しい。

 2人の恋路を手助けする奴(やっこ)妻平(尾上(おのえ)菊五郎)と腰元籬(まがき)(中村時蔵)の恋模様は艶味が濃厚。菊五郎はまた、赤衣装と黒塗り傘の水奴(みずやっこ)群と大立廻りで色彩美を極める。片岡仁左衛門(にざえもん)が秋月大膳(だいぜん)、中村吉右衛門(きちえもん)が刀鍛冶(かじ)団九郎と大小悪の役割。「詮議」となって、奸計(かんけい)にはまった子供たちを救うため、薄雪姫の父、幸崎伊賀守(さいざきいがのかみ)(松本幸四郎)と左衛門の父、兵衛(仁左衛門)の花道での談合が名場面。瞬時、今が消え武士が2人座している。

「エンタメ」のランキング