産経ニュース

【まぜこぜエクスプレス】Vol.51 好きなものがあれば世界は広がる 仲間をひき寄せるエンターテイナー 新倉壮朗さん

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【まぜこぜエクスプレス】
Vol.51 好きなものがあれば世界は広がる 仲間をひき寄せるエンターテイナー 新倉壮朗さん

タケオ君(右)と一般社団法人「Get_in_touch」理事長の東ちづる。短い撮影の間にもさまざまな表情を見せて、みんなを笑顔にしてくれた=2015年4月18日(小野寺宏友さん撮影、提供写真)

 28歳の新倉壮朗さん(タケオ君)はダウン症で生まれ、筋力が弱いため3歳まで歩くことができなかったという。ところが、11歳でアフリカの太鼓、サバールに出合い、毎日楽しく太鼓をたたき続けるうちに、筋肉隆々のガッシリとした体に…。サバールのほか、ジャンベやバラフォンといったアフリカの民族楽器、ピアノやマリンバの即興演奏、即興ダンスが得意で、ジャズミュージシャンの菊地成孔さんや作曲家でピアニストの野村誠さんら、さまざまなアーティストとコラボレーションも行っている。自由奔放で表現力豊かなタケオ君の魅力に迫った。

 客とともに自分も楽しむ

 タケオ君のステージの展開は、まるで予測がつかない。セッションの相手が有名無名にかかわらず、タケオワールドをつくっていく。世界自閉症啓発デーの4月2日に開催したイベント「Warm Blue Day」の「MAZEKOZE Live」では、世界に名を知られるジャズピアニスト、松永貴志さんとタケオ君のマリンバでセッションをお願いした。松永さんのリードにタケオくんが絶妙のタイミングで入る。顔を見合わせ、うなずきながら笑顔の2人。初顔合わせとは思えないほど息がピッタリ。お客さんのノリも確認しながら演奏する。そうか。展開はお客さんの反応で変わるんだ。

このニュースの写真

  • Vol.51 好きなものがあれば世界は広がる 仲間をひき寄せるエンターテイナー 新倉壮朗さん
  • Vol.51 好きなものがあれば世界は広がる 仲間をひき寄せるエンターテイナー 新倉壮朗さん

「エンタメ」のランキング