産経ニュース

加藤茶「パーキンソン症候群」だった 昨年出演の番組でろれつ回らず重病説

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


加藤茶「パーキンソン症候群」だった 昨年出演の番組でろれつ回らず重病説

パーキンソン症候群だったと明かした加藤茶

 ザ・ドリフターズの加藤茶(72)が11日、TBS系「私の何がイケないの?SP」(月曜後7・0)に妻の綾菜さん(27)と出演。一部で報道された重病説に対し、動作障害を患うパーキンソン症候群だったと明かした。(サンケイスポーツ)

 昨年6月に出演した番組で、ろれつが回らず反応が遅かったことから、重病説が報じられた加藤は「あのときはあんまり(お笑いの)ボケもしないのに、普通にボケていた。手の震えが尋常じゃなかった」と振り返り、同番組の収録から帰宅した日に入院したと告白。車で病院に夫を連れて行った綾菜さんも「ご飯も食べられないぐらい、すごい(体調が悪い)状態だった」と証言した。

 2006年に大動脈解離の手術を受けて以降、複数の薬を服用していたという加藤。震えの原因について「その一つの薬が合わなかった」と説明し、手足の震えや筋肉の硬直などパーキンソン病と似た症状が起こるパーキンソン症候群と診断されたことを告白した。

「エンタメ」のランキング