産経ニュース

【インタビュー】「ホウドウキョク」プロジェクトリーダー 福原伸治さん(上)

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【インタビュー】
「ホウドウキョク」プロジェクトリーダー 福原伸治さん(上)

「地上波テレビではできないニュースの見せ方を試したい」と話す福原伸治さん =東京・台場(斎藤浩一撮影)

ラジオに近いメディア 番組発でネット拡散へ

 フジテレビは4月1日、インターネットなどを通じて新たな形でニュースを配信する専門局「ホウドウキョク」を立ち上げる。このプロジェクトリーダーを務めるのが報道局次長の福原伸治さん(52)だ。「テレビとネットの感覚を融合させた新しいメディアに育てたい」と語り、前例のない試みの船出を楽しんでいる。

 プロジェクト第1弾は、スマートフォン(スマホ)、タブレット、パソコンといったマルチデバイス向けニュース番組の24時間生放送・生配信。スマホ向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」とフジの動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」上でスタートする。

 スタジオから最新ニュースを伝えていくのを基本として、テレビと同様、時間によって番組名や出演者が入れ替わるタイムテーブルを組む。ただ、「イメージはテレビよりラジオに近い」といい、ユーザーとの距離を近づける仕掛けを模索している。

 「さまざまな情報端末が普及する中、テレビが時代遅れになってしまう危機感があった。既存のテレビニュースをただ24時間に延ばすのではなく、番組発の話題がネットで拡散していくような作りにしたい」

このニュースの写真

  • 「ホウドウキョク」プロジェクトリーダー 福原伸治さん(上)

「エンタメ」のランキング