産経ニュース

週刊誌の「クローズアップ現代」やらせ報道、NHK理事「やらせがあったとは考えていない」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


週刊誌の「クローズアップ現代」やらせ報道、NHK理事「やらせがあったとは考えていない」

 昨年5月に放送されたNHKの報道番組「クローズアップ現代」について、「週刊文春」(3月26日号)が「やらせがあった」と報道した問題について、NHKの森永公紀理事は18日の放送総局長会見で、「現在、取材のプロセスを確認しているが、今の時点ではやらせがあったとは考えていない」と話した。

 記事は「NHK『クローズアップ現代』 やらせ報道を告発する」の見出しで掲載された。昨年5月14日に放送された「出家詐欺」を扱う内容で、番組内で詐欺のブローカーとして紹介された出演者が「記者に依頼されて、架空の人物を演じた」などと証言している。

 一方、籾井勝人(もみい・かつと)会長が今年1月、私的にハイヤーでゴルフに出掛けた際の乗車代金がNHKに請求されていた問題について、板野裕爾放送総局長は「監査委員会が調査をしていて、早い段階で報告すると聞いている。NHKの役員に関する諸問題は監査委員会が調査をして調べるのが全体の組織の筋立て。その調査結果を待ちたい」と述べた。

「エンタメ」のランキング