産経ニュース

「原点へもう一度」華原朋美、小室哲哉と16年半ぶり再タッグ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「原点へもう一度」華原朋美、小室哲哉と16年半ぶり再タッグ

 華原は、90年代に小室プロデュースで「I BELIEVE」「I’m Proud」などミリオンヒットを連発。小室から楽曲提供されるのは「daily news」(98年10月)以来、約16年半ぶりだ。今回のプロデューサーは小室ではなく、12年の復帰から華原を担当する武部聡志氏(58)が務めた。

 華原と小室は13年12月にフジテレビ系「FNS歌謡祭」で破局後、初共演。昨年10月には小室が華原のライブ会場に花を贈るなど、かつての仕事仲間として良好な関係を築いてきた。

 同11月には、小室がツイッターで「コレだと思える曲が浮かんだら(華原に)提供したい」と表明。復帰後はカバー曲に挑戦していた華原だが、20周年にオリジナルのシングル発売を考えていたことから、華原とスタッフが同12月に小室に正式オファーした。

 華原は「歌手・華原朋美の原点をもう一度大事にしたいと思った」と理由を明かし、「今の自分があるのは、これまでの自分があったから…。小室さんのメロディーを聴いたとき、心からそう思いました」と感謝。「私にとって、ここから始まる新たな旅立ちの歌です」と力を込めた。

 それぞれの道を歩んでいた2人が再び手を取り、珠玉の歌を届ける。

このニュースの写真

  • 「原点へもう一度」華原朋美、小室哲哉と16年半ぶり再タッグ
  • 「原点へもう一度」華原朋美、小室哲哉と16年半ぶり再タッグ

「エンタメ」のランキング