産経ニュース

【鑑賞眼】歌舞伎座「三月大歌舞伎」 傑出の仁左衛門、支える三つ子に酔う

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【鑑賞眼】
歌舞伎座「三月大歌舞伎」 傑出の仁左衛門、支える三つ子に酔う

 「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」。新たな歌舞伎座では初の昼夜通し上演。菅丞相(かんしょうじょう)こと菅原道真(片岡仁左衛門(にざえもん))にまつわる三つ子の3兄弟=梅王丸(片岡愛之助)、松王丸(市川染五郎)、桜丸(尾上(おのえ)菊之助)=を中心とした数奇な物語だ。全編、菅丞相への忠義に発する悲運に彩られるが、愛嬌(あいきょう)と見得に包んだ見せ場がふんだんで、仁左衛門の傑出した存在を軸に今を支える俳優たちの芝居に酔わされた。

 昼。10代の恋人同士は牛車の中で何をしているのか? ほほ笑ましくも可愛(かわい)いエロチシズムを覚える「加茂堤」の後、「筆法伝授(ひっぽうでんじゅ)」と「道明寺」の仁左衛門の菅丞相の居住まいが光り輝く。切り詰められた台詞(せりふ)、沈黙の間(ま)。弟子の武部源蔵で出る染五郎に書道の奥義を授ける「見事、見事」の声の神々しさ。染五郎のきっちりした源蔵で、ピーンと場が張る。源蔵女房戸浪の中村梅枝(ばいし)が「加茂堤」、夜の「賀の祝」の桜丸女房八重と合わせ、頑張った。「道明寺」では木像から生身へ。菅丞相の束帯姿の美。菊之助は判官代輝国で目が覚めるさばき役。愛之助が奴宅内(やっこたくない)で和ませる。中村芝雀(しばじゃく)の立田の前、片岡秀太郎(ひでたろう)が覚寿(かくじゅ)。

 夜。「車引(くるまびき)」。愛之助の梅王丸、染五郎の松王丸、菊之助の桜丸。3人で極まる見得の剛毅(ごうき)さ。「賀の祝」に続く「寺子屋」。一番の人気場面で、痛切な別れの美学ならぬ“別れの愁嘆”が噴出する。染五郎の松王丸、片岡孝太郎(たかたろう)の松王丸女房千代、尾上松緑(しょうろく)の源蔵。27日まで、東京・銀座の歌舞伎座。(劇評家 石井啓夫)

「エンタメ」のランキング