産経ニュース

【映画オタク記者のここが気になる】〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【映画オタク記者のここが気になる】
〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開

「撮影後も五島弁が抜けなくて『よかよ』とか言っていました」と笑う恒松祐里=東京・六本木(伊藤徳裕撮影) 「撮影後も五島弁が抜けなくて『よかよ』とか言っていました」と笑う恒松祐里=東京・六本木(伊藤徳裕撮影)

 メガホンをとった三木孝浩監督(「ホットロード」など)は「15歳の自分と大人になった自分が交わす往復書簡のような映画になれば」と語っている。ユリはある悲しい過去が原因でピアノが弾けない。自暴自棄な彼女だが、ナズナたちの一途な姿を見ているうちに夢や希望に満ちていた15歳の自分を思い出す。恒松は「柏木先生の心を動かす役なので、先生が15歳のころを思い出せるように、純粋にまっすぐに演じなくちゃいけないなと思いました」と語る。

 東京都出身。幼少時に照れ屋な性格を直すために両親が芸能事務所のオーディションを受けさせた。「私は覚えてないんですけど、今の事務所にいつの間にか入っていた。恥ずかしがり屋な性格は見事に直りました」。映画「半分の月がのぼる空」(10年)やテレビドラマ「家族ゲーム」(フジテレビ系、13年)などに出演。FUNKY MONKEY BABYSの「ありがとう」(13年)のプロモーションビデオで共演した明石家さんまが、2年前に「FNS27時間テレビ」内で好きな女性の第6位に当時14歳の恒松を選んだことも話題になった。

このニュースの写真

  • 〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開
  • 〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開
  • 〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開
  • 〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開
  • 〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開
  • 〈期待の若手女優(1)〉「私は“壊れたテープレコーダー”」…しつこさが武器の16歳・恒松祐里 「くちびるに歌を」が公開

「エンタメ」のランキング