産経ニュース

【鑑賞眼】歌舞伎座「二月大歌舞伎 毛谷村」 役者の器量が一等!再確認

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【鑑賞眼】
歌舞伎座「二月大歌舞伎 毛谷村」 役者の器量が一等!再確認

 昼。祝儀狂言「吉例寿曽我(きちれいことぶきそが)」があって、「毛谷村(けやむら)」。朴訥(ぼくとつ)な百姓(ひゃくしょう)、六助(尾上(おのえ)菊五郎)と怪力の持ち主、お園(中村時蔵)が許嫁(いいなずけ)同士と知れたリアクションが絶妙だ。力自慢を発揮しながら娘ぶりに急転回するさまに爆笑。時蔵のお園には本役の強みがある。菊五郎も初役の六助にはまった。2役には照れの共通項がある。「女房どの」と菊五郎、満面の艶笑で応える時蔵。歌舞伎は役者の器量が一等!を再確認する。

 「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」の関守関兵衛(せきべえ)実は大伴黒主(おおとものくろぬし)の松本幸四郎、小野小町、傾城墨染(けいせいすみぞめ)実は小町桜の精の尾上菊之助、少将宗貞(むねさだ)の中村錦之助にも当てはまる。常磐津の歌と音(三味線)に乗る3者の舞踊。「勧進帳」さながらの台詞(せりふ)の応酬。菊之助の美しさ、幸四郎の妖しい愛嬌(あいきょう)が絡む。幸四郎の関兵衛、顔かしげ見得きるさまなど父・白鸚(はくおう)そっくりだ。

 夜。菊五郎、時蔵、中村芝雀(しばじゃく)らの舞踊「神田祭」を挟み、シリアスな演目2題。「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」から「陣門・組打」。中村吉右衛門の熊谷(くまがい)直実(なおざね)、菊之助の直家と平敦盛。戦乱の世の父子の情愛が噴出するも、武家社会のドグマには感情移入できない。直実の凄絶(せいぜつ)な嘆きはその異議ではないか。

 「筆屋幸兵衛(ふでやこうべえ)」は、河竹黙阿弥作の散切物(ざんぎりもの)。明治維新で没落した士族、幸兵衛の極貧生活。幸四郎が、歌舞伎と現代劇の皮膜(ひまく)の間(ま)をさまよって貧者を生きる。幸兵衛娘、お雪で中村児太郎、お霜で松本金太郎が熱演。26日まで、東京・銀座の歌舞伎座。(劇評家 石井啓夫)

「エンタメ」のランキング