産経ニュース

ミュージカル「メンフィス」 山本耕史、「一匹おおかみ」のDJ…重なる自身の生き方

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ミュージカル「メンフィス」 山本耕史、「一匹おおかみ」のDJ…重なる自身の生き方

伝説のバンド「ボウイ」のファンだという(野村成次撮影)

 人種差別の根強い1950年代の米国南部で黒人音楽を広めようとした、実在の白人ディスクジョッキー(DJ)を描くミュージカル「メンフィス」が東京で上演されている。主演の山本耕史(38)は、自分が良いと思うことを信じて時代を動かそうとした「一匹おおかみ」の主人公に、「僕もそうありたい」と自分自身の生き方を重ねる。

 「メンフィス」は米トニー賞で2010年、最優秀作品賞など4部門を獲得し、今回が日本初演。米メンフィスに住む白人青年、ヒューイ(山本)が黒人専用のナイトクラブで、歌手のフェリシア(濱田めぐみ)の歌声に魅せられる。ヒューイは勤務先のデパートで、禁じられている黒人音楽のレコードを売ってクビになり、ラジオ局に乗り込んで曲を流して大評判となる。

 音楽は米国の世界的ロックバンド、ボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンが手掛けた。山本は黒人音楽のルーツであるブルースが好きで、並行してバンド活動も行い、ギターを弾く音楽通。「1950年代と今の音楽のコラボレーションのような作品。良い音楽は人を結びつけるという音楽のパワーを感じます」

 切ないラブストーリーも織り交ぜて描く50年代の人種差別は、現代の日本では受け止められ方はさまざまだろう。「難しいことは考えず、曲やノリの良さで一人の青年の生き方を応援したくなる。見たら必ず何かが残るはず」

 子役でデビューした山本は、あえて大きな組織に所属せず、自力で実力をつけ、活動の幅を広げてきた。ヒューイの生き方に自分を重ね、「主流の中の『亜流』でいないと時代は動かない。一人でダメでもやり続ける方が『ロック』を感じる」と話す。

 2月10日まで、東京・赤坂ACTシアターで。問い合わせは、ホリプロチケットセンター(電)03・3490・4949。(藤沢志穂子)

「エンタメ」のランキング