産経ニュース

青山劇場、日本青年館…消えるバレエの拠点 老朽化で相次ぎ閉館

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


青山劇場、日本青年館…消えるバレエの拠点 老朽化で相次ぎ閉館

1月末で閉館する青山劇場=東京都渋谷区

ゆうぽうとホール、渋谷公会堂も

 東京のバレエ団が今年、「劇場不足」に直面する。“バレエの拠点”となってきた都内劇場が老朽化のため、相次いで閉館。さらに、音楽業界における「2016年問題」のあおりで、都内劇場がコンサート会場としての需要も高まり、バレエ関係者は危機感を募らせている。(飯塚友子)

 1月末の青山劇場(東京都渋谷区)を皮切りに、3月末に日本青年館(新宿区)、9月末には、ゆうぽうとホール(品川区)と渋谷公会堂(渋谷区)がそれぞれ老朽化のため、閉館する予定だ。

 中でも、青山劇場は開場から平成12年まで、「青山バレエフェスティバル」を開催。元年には若手舞踊家の登竜門として知られるローザンヌ国際バレエコンクールも引っ越し開催され、「バレエとは縁が深い」(同劇場)との自負がある。一方、ゆうぽうとホールは年間約150日もバレエ公演に利用される“バレエの一大拠点”として知られ、閉館のニュースは関係者に衝撃を与えた。

このニュースの写真

  • 青山劇場、日本青年館…消えるバレエの拠点 老朽化で相次ぎ閉館

「エンタメ」のランキング