産経ニュース

【ZOOM】阪神淡路大震災 風化と継承、ドラマで描く20年

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ZOOM】
阪神淡路大震災 風化と継承、ドラマで描く20年

NHK総合「二十歳と一匹」から。理人(菅田将暉)は災害救助犬と出合い、あいまいだった震災の記憶と向き合う

 阪神淡路大震災から17日で20年。節目となる今年、テレビ各局は関連特番を相次いで放送する。報道番組やドキュメンタリーだけでなく、NHKとTBSがドラマを制作するなど、趣向を凝らして記憶の風化や継承と向き合った番組が目立っている。(三品貴志)

「歴史」に思いを

 NHK総合で17日午後7時半に放送される「二十歳と一匹」は神戸を舞台に、20歳を目前に控えた青年、理人(りひと)(菅田将暉(すだ・まさき))が、災害救助犬の指導役「ハンドラー」として成長していくドラマだ。災害救助犬は優れた嗅覚を使い、災害時に建物の倒壊などで身動きが取れない被災者らの捜索活動に当たっている。

 理人は0歳で被災し、両親を失ったが、当時の記憶はほとんどなく、震災を「歴史」と語る。だが、災害救助犬と出合い、家族との絆を見つめ直して歴史に思いをはせることで、新たな一歩を踏み出していく。

 主演の菅田は大阪府出身の21歳。震災時は1歳で、理人同様、震災を「テレビでしか見たことがなく、現実味も薄かった」と語る。祖父は震災直後、神戸で被害調査の仕事に従事したといい、ドラマの撮影前、祖父から送られてきた写真に衝撃を受けたという。

 「撮影中、がれきの中で立ちすくむ祖父の姿が目に焼き付いていた。撮影を通じて、理人と同じ体験をした」と菅田。神戸出身の岡本幸江チーフプロデューサーは「あの惨状を直接見た人もそうでない人も、主人公を追ううち、震災後の20年に寄り添えるのではないか」と期待を込める。

このニュースの写真

  • 阪神淡路大震災 風化と継承、ドラマで描く20年

「エンタメ」のランキング