産経ニュース

【シネマプレビュー】「西遊記~はじまりのはじまり~」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【シネマプレビュー】
「西遊記~はじまりのはじまり~」

(C) 2013 Bingo Movie Development Limited

 「少林サッカー」のチャウ・シンチー監督が、三蔵法師が孫悟空たちと出会うまでの物語をアクションとVFX(視覚効果)、それに笑いを詰め込んで映画化。中国で昨年の年間興行成績1位を記録する娯楽大作に仕上げた。

 わらべ歌を武器とする心優しき妖怪ハンター、玄奘(ウェン・ジャン)はなかなか妖怪を退治できず、美人ハンターの段(スー・チー)に助けてもらう始末。半魚半獣の妖怪(沙悟浄)は何とか退治したものの、巨大なイノシシ(猪八戒)は取り逃がす。これを倒せるのは、洞窟に閉じ込められている凶暴な猿(孫悟空)しかいないと聞いて、説得に向かうが…。

 妖怪や妖怪ハンターたちが変幻自在に姿を変えて壮絶なバトルを繰り広げる映像は見応え十分。例えば、孫悟空は、戦う姿は迫力満点のゴリラなのに、人間の姿はさえないおっさんで、そのギャップがおかしい。随所に小ネタがちりばめられており、中でも洞窟での孫悟空と女ハンターとのダンス合戦は見逃せない。アクション映画はやっぱり笑いがなくちゃ。21日、全国公開。1時間50分。(藤)

 ★★★★(★5傑作 ★4見応え十分 ★3楽しめる ★2惜しい ★1がっかり ☆は半分)

「エンタメ」のランキング