産経ニュース

「誹謗中傷が来るのでは?」伊藤修子が「IPPONグランプリ」初出場へ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「誹謗中傷が来るのでは?」伊藤修子が「IPPONグランプリ」初出場へ

初出場を決めた伊藤修子

 フジテレビ系土曜プレミアム「IPPONグランプリ」(8日、後9・0)への本戦出場をかけた芸人たちの戦い「IPPONスカウト」が1日放送され、よしもと所属の女優、伊藤修子(37)が激戦を制し、出場権を獲得した。

 「IPPONスカウト」は、全国にまだまだいるはずの大喜利が得意な芸人を発掘するプロジェクト。MCにバカリズム、バナナマン、木下優樹菜を迎え、過去最高の1719人のお笑い芸人がエントリーした。

 最終的に伊藤、八木真澄(サバンナ)、RG(レイザーラモン)ら6人がスタジオに集い、最後の1枠をかけて競い合った。女優ながらも“大喜利力”に定評のある伊藤が、その独特な世界観を感じさせる回答で初出場を獲得した。

 伊藤は「もちろん、優勝は無理だろうと思っていたので、何とか爪痕を残せれば・・・という気持ちで挑みました」と恐縮気味に話し、「(グランプリに)私が出場することで、誹謗(ひぼう)中傷が来るのでは?と心配です」と笑う。

 それでも「私が大喜利をやっているということを知らない学生時代の先輩や友だちもいるので、疎遠になっている方々に見ていただけたら。調子に乗っていると思われたくないので、グランプリ出演のことはむやみに言わないようにします。見ていただいた方に、“あれ、あの人、バイト先にいた人だ”と思い出していただければ」と最後まで自虐ネタで笑わせていた。

 「IPPONグランプリ」は、大会チェアマンに松本人志を迎え、大喜利が好きな10人の芸人がシンプルに大喜利のみを行い、チャンピオンを決める番組だ。

 Aブロックはバカリズム、大久保佳代子(オアシズ)、堀内健(ネプチューン)、初出場のちゅうえい(流れ星)、小木博明(おぎやはぎ)の5人。Bブロックは千原ジュニア(千原兄弟)、有吉弘行、こいで(シャンプーハット)、飯尾和樹(ずん)、伊藤の5人。

 過去3回の優勝経験を誇るバカリズムをはじめ、優勝経験者のジュニア、堀内、有吉、小木ら実力者ぞろい。さて、第12回大会を制する者は!?

「エンタメ」のランキング