産経ニュース

約束に反し取材相手の顔放送 静岡放送の報道番組、BPOが審理入り

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


約束に反し取材相手の顔放送 静岡放送の報道番組、BPOが審理入り

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は17日、取材相手が事前の約束に反して「顔出し映像」を放送されたと訴えていた静岡放送(SBS、静岡市)の報道番組について、審理入りを決めたことを明らかにした。

 対象となったのは、6月11日放送の「イブアイしずおか・ニュース」。静岡県熱海市で「散骨場」の建設を計画する民間業者の記者会見を取材し、出席した男性社長の顔の映った映像を放送した。

 だが、社長は地元記者会との間で「個人名と顔の露出は避ける」との約束で会見を開いたとして、記者会に抗議。SBS側は「故意ではなく、担当者の不注意によるもの」などとして謝罪する意向を示したが、社長は人権侵害と肖像権侵害を訴え、6月にBPOに申し立てていた。

「エンタメ」のランキング