産経ニュース

「君となら」 竹内結子が舞台初挑戦 「積み上げるものづくり感が好き」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「君となら」 竹内結子が舞台初挑戦 「積み上げるものづくり感が好き」

「どんなに悪いことをした人も、人間っぽく、愛すべき存在として描く。三谷作品のそんなところが好きです」と語る竹内結子 (小野淳一撮影)

 「いつかは舞台に立ちたいと思っていた」という女優、竹内結子(34)が、東京・パルコ劇場で上演中の「君となら」(三谷幸喜作・演出)で初舞台を踏んでいる。映像出演が引きも切らない人気女優。舞台のオファーは過去にもあった。今、なぜ舞台にと聞くと、「三谷さんからお話をいただいたから。やる、やる、と二つ返事で乗り出しました」と語った。(津川綾子)

 竹内が過去、出演した三谷作のドラマを振り返ると、「ステキな隠し撮り」(平成23年)、「大空港2013」(25年)など、舞台のようにノンストップでカメラを回してシーンを撮り切る作品が続いた。「ステキな隠し撮り」では、劇中、竹内が足を滑らせ転倒するハプニングが。共演の深津絵里の機転も借りて切り抜けると「面白い」と評判になった。続く「大空港-」は、共演者とのアドリブの応酬に打って出て、100分間、ノンストップで演じ切った。

 これらの作品は、初舞台への心の準備にもなったようだ。「お芝居にストップ、カットという人がいない。怖いと思いましたし、すごい緊張感でした。でも、スリリングな状況に身を置いているのを、どこか楽しんでいる自分がいて、ああ、生きているって思えた」。三谷が竹内を「くそ度胸がある」と評したのがうなずけるエピソードだ。

 そんな竹内の初舞台「君となら」は、嘘や誤解が数珠つなぎに転がっていく、三谷ならではの抱腹絶倒のホームコメディー。

「エンタメ」のランキング