産経ニュース

さだまさし 映画「長江」で背負った28億円の借金が「やけくその起爆剤」に

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


さだまさし 映画「長江」で背負った28億円の借金が「やけくその起爆剤」に

 歌手、さだまさし(62)の人生を変えた2つの映画がある。サーカスのピエロ役を体当たりで演じた初主演映画「翔(と)べイカロスの翼」(昭和55年)と、制作費がかさみ多大な借金を背負うことになったドキュメンタリー映画「長江」(56年)だ。BS日本映画専門チャンネルは9月、「秋のさだ映画祭り」と題してこの2作を含む6作を放送する。さだに、自身の音楽世界に影響を与えた「映画体験」を聞いた。

 「道化」の両極端

 さだに映画出演の話が舞い込んだのは、フォークデュオ「グレープ」解散後、ソロ歌手として「雨やどり」「関白宣言」といったヒット曲を連発していた20代後半の絶頂期。アイドル的な人気を獲得していたが、さだは「その分、悪口をいわれることも多かった。とにかく忙しい中で、自分がどういう位置にいて、どこへ向かっているかは分からなかったですね」と振り返る。

 「翔べイカロスの翼」の原作は作家、草鹿宏のノンフィクションで、「キグレサーカス」(平成22年に事業停止)の花形ピエロとして人気を集めながら、綱渡り中に転落死した青年の実話がもとになっている。さだは主人公「クリちゃん」こと栗山徹を演じ、一輪車や綱渡りといった曲芸シーンのほとんどをスタントなしでこなした。

 撮影はコンサートなどほかの仕事の合間を縫って行われ、実際のサーカス団員と食事を共にし、体中にあざを作って芸の練習に励んだという。「若くて体力もあった時代ですから。自分もサーカスの団員たちと同じ舞台に立つんだ、というつもりでやっていました」と懐かしそうに明かす。

「エンタメ」のランキング