産経ニュース

「ドラマ甲子園」第1回大賞受賞、17歳の高校生が初監督!

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「ドラマ甲子園」第1回大賞受賞、17歳の高校生が初監督!

 高校生を対象に脚本を募集した「ドラマ甲子園」で第1回大賞受賞に輝いた青山ななみさん(17)が初監督を務める「十七歳」の福井ロケがこのほど終了した。ドラマは、CS放送フジテレビTWOドラマ・アニメで30日午後6時から放送される。

 「ドラマ甲子園」は一番感受性が強く、クリエイト能力が花開く時期ともいえる高校生のための演出家発掘プロジェクト。大賞作品は執筆者本人が演出、プロのスタッフがサポート、プロの俳優が出演するテレビドラマとして制作されることが決まっていた。

 監督初挑戦となった青山さんは、福井県の高校に通う高校3年生。受賞後、スタッフとの顔合わせに始まり、ロケハン、衣装合わせなどドラマが完成するまでの一連の流れを体験していた。

 地元となる同県でのロケは、執筆の際にイメージしたという母校の小学校をメーン舞台にした撮影となった。現場で的確に指示する様子は、とても初演出とは思えない堂々とした監督ぶりだった。

「エンタメ」のランキング