産経ニュース

【ニッポンの分岐点】アイドル(3)偶像から虚像へ 「作り物」楽しむか貫くか

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ニッポンの分岐点】
アイドル(3)偶像から虚像へ 「作り物」楽しむか貫くか

 山口百恵が引退した昭和55年は、松田聖子の人気に火が付き、昭和末期まで続くアイドル黄金期の幕が開いた年でもあった。男性アイドルを多数抱えるジャニーズ事務所の隆盛や、多人数グループの元祖、おニャン子クラブ…。多様なアイドルの登場は、ファンが抱く「憧れ」の変化も映し出していた。

◆「ポスト百恵」は…

 「『ポスト百恵』に、松田聖子を」

 山口の引退が発表された55年3月。芸能事務所サンミュージックは、18歳の新人、松田を社を挙げてバックアップする方針を打ち出した。他社のトップスターの引退は、自社タレントを売り出す大きなチャンスでもある。社長の相沢秀禎(ひでよし)らスタッフの狙いは当たり、4月にデビューした松田は、2曲目「青い珊瑚礁(さんごしょう)」でブレークした。

 事務所は当初、55年秋のデビューを想定していたが、松田は予定より早い54年夏に上京。相沢の自宅に住み込みながら、テレビドラマなどのオーディションに相次いで合格した。別の新人の売り出し計画が頓挫するという事務所側の偶然も重なり、デビューの前倒しにつながる。

「エンタメ」のランキング