産経ニュース

「平成中村座」NY公演に喝采 早替わりに「アメージング!」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「平成中村座」NY公演に喝采 早替わりに「アメージング!」

 ■勘九郎「父の遺志継ぎ」

 歌舞伎の「平成中村座」のニューヨーク公演が現地時間の7日、開幕した。7年ぶり3回目となるニューヨーク公演は、中村勘三郎の遺志を継いだ勘九郎(32)、七之助(31)兄弟を軸に「怪談乳房榎(ちぶさのえのき)」を上演。若返った中村座に、ニューヨーカーから「アメージング(すごい)!」の声があがった。(飯塚友子)

 客席内に赤い提灯(ちょうちん)が設(しつら)えられ、舞台額縁に江戸の芝居小屋を彷彿(ほうふつ)させる屋根の絵が掲げられたローズシアター。そこで勘九郎は絵師の重信、悪役の三次、下男の正助と、一人三役の鮮やかな早替わりを見せ続けた。瞬時の変化に当初、同じ俳優と気づかなかった観客も、芝居が進むにつれ「オー」と感嘆の声を漏らすようになった。

 現地スタッフの協力で、日本と同様に3トンの水を使った滝の中の立ち回りの場面の前には、前列観客に雨がっぱを配るサービスも。現地俳優が幕前や客席に降りて観客と交流する、米国版ならではの演出で「プロテクト・ザ・プラダ(プラダがぬれないように)」などと笑わせた。

「エンタメ」のランキング