産経ニュース

TBS「からくりTV」9月で終了 22年の歴史に幕

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


TBS「からくりTV」9月で終了 22年の歴史に幕

 TBSは8日、タレントの明石家さんまさんが司会を務めるバラエティー番組「さんまのSUPERからくりTV」(日曜午後7時)を9月で終了すると発表した。平成4年4月の放送開始以来、幅広い世代に親しまれてきた長寿番組が22年の歴史に幕を下ろす。

 番組は「さんまのからくりTV」(30分枠)として始まり、8年4月に現在の番組名と放送時間へ変更した。アナウンサーの鈴木史朗さんと高齢者のやり取りが評判を呼んだ「ご長寿早押しクイズ」や、女優の中村玉緒さんが200近い職業に挑戦した「玉緒が行く」、家族が遠くに住む子供にメッセージを送る「からくりビデオレター」など数多くの人気企画が誕生。セイン・カミュさんやボビー・オロゴンさんらも輩出した。

 番組の平均視聴率は10年2月1日に最高の27.0%を記録したが、近年は低迷していた。TBS広報部は放送終了の理由について「総合的に判断した」と説明している。後継番組は未定という。

「エンタメ」のランキング