産経ニュース

【映画オタク記者のここが気になる!】「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【映画オタク記者のここが気になる!】
「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」

「私にしかできない加奈子を全力で演じようと思った」と語る小松菜奈=東京・秋葉原(伊藤徳裕撮影)

 日本映画界に期待の新人女優が現れた。27日公開の「渇き。」で、優等生でありながら美貌を武器に周囲を破滅へと追いやる魔性の少女、加奈子を演じた小松菜奈(18)だ。

 モデル出身の彼女は本役をオーディションで勝ち取り、幸運な長編映画デビューを飾った。「渇き。」は2005年に「第3回このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」(宝島社刊)の映画化。ダメおやじの元刑事・藤島(役所広司)が、失踪した高校生の娘・加奈子を捜すうちに、天使のような彼女があらゆる悪事に手を染めていたことを知る。

 「愛する娘はバケモノでした」の宣伝文句通り、本作の重要なポイントは加奈子だ。原作で「色は白く、大人びた雰囲気をまとっていた。まるで節制を義務とした気鋭のモデルのようだ」と描出されている加奈子は、取材で会った小松そのものだった。「友達から『何を考えているか分からない』と言われます。結構いろいろ考えているんだけど、そう見えないところが加奈子と似てるかな」とほほ笑む。

このニュースの写真

  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」
  • 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈 「監督に『へたくそ』と言われました」

「エンタメ」のランキング