産経ニュース

アニメ、マンガ、小説…「聖地巡礼」熱い視線 学会注目、新しい観光概念も

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


アニメ、マンガ、小説…「聖地巡礼」熱い視線 学会注目、新しい観光概念も

 アニメやマンガ、小説などの舞台となった土地をファンが訪ねる「聖地巡礼」が、近年盛んになっている。経済効果や地域振興への期待から地方自治体などが熱い視線を注ぐ中、学問的な研究対象として扱う動きも始まっている。(磨井慎吾)

 昨年12月、東京・市ケ谷の法政大で、聖地巡礼などの現象を考察する「第1回コンテンツツーリズム学会研究発表大会」が開かれた。

 「コンテンツツーリズム」とは、アニメをはじめ小説やドラマ、映画などの著作物(コンテンツ)に関心を抱いたファンが、その舞台を訪ねる観光行動(ツーリズム)を指す。平成23年に同学会を設立し、会長を務める増淵敏之・法政大大学院教授は「コンテンツを軸として、地理学や社会学をはじめとした学際的研究を行っている」と説明する。

 大会では、研究者ら5人が発表を行った。法政大大学院生の山田一人さんは、「アキバツーリズムの両義性」と題した発表で、ここ20年ほどの間に電気街から“オタクの聖地”に変貌を遂げた東京・秋葉原(アキバ)について、これまでの経済学や都市工学に基づく研究が、ネットなどで形成された秋葉原の「虚構空間」の側面を取りこぼしてきたと指摘。ネット上でのゲームやアイドルのファン同士による情報交換を通じ、自然に交流場所を秋葉原に生じさせた例などを挙げ、情報空間が現実に作用して「聖地」が形成されるあり方を社会学的観点から示した。

 岩崎達也・法政大大学院兼任講師は、ジャニーズなど人気男性アイドルグループのコンサートツアーを追いかけて日本中を巡る女性ファン集団を分析。「場所を目的とするのではなく、生きている人を『動く目的地』として観光対象にしている。憧れの人のいる場所と時間を消費するという、今までとは違う概念のツーリズムではないか」との新視点を提起し、参加者から高い評価を受けた。

「エンタメ」のランキング