産経ニュース

【紅白歌合戦ライブ】(7)かみまくり綾瀬はるか でも涙の「花は咲く」で場内感動

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【紅白歌合戦ライブ】
(7)かみまくり綾瀬はるか でも涙の「花は咲く」で場内感動

 紅白の初司会というプレッシャーからか、この日、いつにもまして「かみまくり」になった紅組司会・綾瀬はるかさん。ゲスト審査員や、ライバルであるはずの白組司会・嵐からフォローされるなど、ハラハラドキドキの進行となった。

 綾瀬さんがかんだり、セリフを忘れたりする度に、嵐のメンバーが“助け舟”。「かんでないですよ」「どうですか、初司会。ずーっとマイクぐーっと握ってますけど、楽しんでいきましょうね」

 これに対し、ゲスト審査員の阿川佐和子さんは「綾瀬さんの絶妙な間が素晴らしい」、TOKIOの松岡昌宏さんは、リーダーの城島茂さんを横目に「うちのリーダーもきょう、かみまくっています。綾瀬さん、心配しないでください!」。相次ぐフォローに、綾瀬さんはほっとしたような表情で応えた。

 その後、福島県大熊町の子供たちと交流した際の映像が流れると、綾瀬さんは涙をこぼし、詰まりながらも、心のこもった言葉を続けた。「子供たちの前に進もうとする姿は、今年の大河ドラマで演じた山本八重の面影を感じました。福島、東北の復興はいつかきっと花開きます」

 会場からは「頑張れ!」との声が飛び交った。綾瀬さんはチャリティーソング「花は咲く」を初披露。出演者と一緒に歌いながら、涙目だった表情は次第に和らぎ、最後は笑顔に。紅白前半の最高のクライマックスとなった。

「エンタメ」のランキング