産経ニュース

日本車を愛した男 事故死したポール・ウォーカーさん

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


日本車を愛した男 事故死したポール・ウォーカーさん

来日時に日本車好きをアピールしたポール・ウォーカーさん=2009年10月、都内(伊藤徳裕撮影)  

 カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズなどに出演したポール・ウォーカーさん(40)が11月30日、米ロサンゼルス近郊で友人が運転するポルシェの衝突事故のため亡くなった。ポルシェはウォーカーさんを助手席に乗せて道路脇の街灯と木に衝突した。速度超過が原因とみられる。ポルシェに乗っていて事故死したというのは意外だった。ウォーカーさんは日本車をとても愛していたからだ。

 2009年にシリーズ第4作「ワイルド・スピードMAX」のプロモーションのため来日したウォーカーさんに取材した。半袖シャツにジーパン姿のラフな格好で現れ、車の話題になると目がキラキラと輝いていたのが印象的だった。

 ウォーカーさんが演じた潜入捜査官ブライアンの愛車は日産のスカイラインGT-Rだ。「いま所有している車16台のほとんどが日本車、それも日産だ。日本車はチューンがしやすいし信頼が厚いんだ」と日本車への愛情を熱く語った。車を愛するようになったのは祖父の影響で、「父もかなりのカーマニアだ。父との共通点は日本車を評価していることかな」と笑った。

 もともと同シリーズに出演したのも車がきっかけだ。「2000年に出演した『ザ・スカルズ/髑髏(どくろ)の誓い』の制作者に、次はレースシーンがある覆面警官役がやりたいと言ったら1作目に出演することになったんだ」

「エンタメ」のランキング