産経ニュース

【きょうの人】田村民子さん(43)「伝統芸能の道具ラボ」主宰 「歌舞伎のくしを復元したい」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【きょうの人】
田村民子さん(43)「伝統芸能の道具ラボ」主宰 「歌舞伎のくしを復元したい」

 歌舞伎と眼鏡枠職人。伝統芸能と平成の技術が結びつき、女形のかつらに欠かせぬ新たな“鼈甲(べっこう)”のくしが生まれようとしている。その仕掛け人だ。

 もともと歌舞伎の小道具や衣装など、舞台制作現場を取材するフリーライターだった。「そこで知ったのは、さまざまな道具の素材や技術が、危機的状況にあるということでした」

 ネット上で道具の現状を報告する「伝統芸能の道具ラボ」(www.dogulab.com)を平成21年に立ち上げ、トヨタ財団の助成も得て、職人の後継者支援や、制作現場と職人の橋渡しを続けてきた。

 これまでに、かつらを結う床山と京都の絞り職人とを引き合わせ、「鹿の子」と呼ばれる特殊な布の髪飾りを復元した。鼈甲は鹿の子に続くプロジェクトだ。

 ウミガメの一種、タイマイの甲羅を使う鼈甲は現在輸出入が規制され、舞台で使われる樹脂の“フェイク鼈甲”の加工職人すら不足している。復元を目指して試行錯誤の末、眼鏡生産日本一の福井県鯖江市の眼鏡加工会社「長井」が「伝統芸能のお役に立てるなら」と、無償で試作を引き受けた。眼鏡づくりで培った高度な技術が歌舞伎に生かされることになった。

 活動を支えたのは、ネット上で寄付を募る「クラウドファンディング」。「歌舞伎のくしを復元したい」という呼びかけに応じた見知らぬ賛同者たちだ。平成の世らしいネット経由の資金が、新たな素材と職人技、伝統芸能の出合いを支えて生まれた“鼈甲”。「道具の力で舞台を輝かせたい」。鯖江発のくしは近く、歌舞伎座にもお目見えしそうだ。(飯塚友子)

「エンタメ」のランキング