産経ニュース

【ネットろんだん】ニュースの要約 スマホは「ざっくり」が必要?

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ネットろんだん】
ニュースの要約 スマホは「ざっくり」が必要?

 「ざっくり言うと」-。ニュースサイトに配信された新聞社などの記事の冒頭に、こんな見出しに続いて「要約」が掲載されることが増えている。要約を作っているのはサイト側で、どんなに長い記事も3行程度にまとめられているのだが、これは最近になって広がっている現象だ。なぜニュースに「ざっくり言う」必要が生まれているのだろうか。

                   ◇

 「育児休業3年」論議をめぐる6月7日付の本紙記事が「ライブドアニュース」へ配信されたところ、次のような要約文がつけられていた。

 《ざっくり言うと

 ・安倍首相は14日、女性活躍を据えて育児休業3年を推進するよう経済界に求めた

 ・出産を機に6割以上の女性が離職する現状に歯止めをかける狙い

 ・女性や企業からは「3年も必要なのか」と長期休業に不安の声が上がっている》

 元の記事は2600字、400字詰め原稿用紙で6.5枚分だが、わずか100字で「ざっくり」言われていた。その下には「記事を読む」のボタンがあり、読者は関心があれば記事本文を開いて読み進む仕組みだ。

 ライブドアニュースは昨年10月から毎日150~180本の配信記事を要約。「ヤフーニュース」も昨年12月から今年3月にかけて、「まとめると」という名前でほぼ同じ機能を試行した。英フィナンシャル・タイムズ電子版は5月末、短文ニュース「fastFT」を始めている。

「エンタメ」のランキング