【西城秀樹さん通夜】歌手、五木ひろしさん「忘れないよ」 - 産経ニュース

【西城秀樹さん通夜】歌手、五木ひろしさん「忘れないよ」

昭和49年に日本人のソロ歌手として初めて野球場公演を行った西城さんにふさわしく、野球場を模した祭壇=25日、東京都港区の青山葬儀所(中井誠撮影)
西城秀樹さんの通夜に参列した郷ひろみさん=25日午後、東京都港区の青山葬儀所
斎場前に飾られた西城秀樹さん(中央)と共に「新御三家」と呼ばれた郷ひろみさん(左)、野口五郎さんが並んだ写真=25日午後、東京都港区の青山葬儀所
西城秀樹さんの通夜に参列した野口五郎さん(左)=25日午後、東京都港区の青山葬儀所
西城さんの通夜で、野球場をイメージした壇祭=青山葬儀所(撮影・中井誠)
 25日営まれた歌手、西城秀樹さんの通夜で、弔問に訪れた歌手の五木ひろしさんは、次のように話した。
 「同じ時代をずっと一緒に歩んできた歌仲間。1970年代、80年代、あの頃を思い出した」
 「脳梗塞で倒れて、でも必死になってまたステージに立とうとした。どれほど大変な思いをして、努力したか。それを考えると、胸が痛くなる。よく頑張ったなあ、という思いで、彼にお別れを言いに来ました」
 「『楽しかったよ』ということと。『いろんなことあったけれど、本当によく頑張ったな。ゆっくり休んでくれ』。それから『忘れないよ』と、お別れを言いました」