最高賞「万引き家族」のリリー・フランキーさん イベントで「たまたま出ただけ」

カンヌ映画祭
リリー・フランキーさんは主演作「万引き家族」のパルムドール受賞について「素晴らしいし、感動した」と喜びを爆発させた=22日、東京都渋谷区(高橋天地撮影)

 東京都渋谷区で開かれたイベントで22日、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」に輝いた「万引き家族」(是枝裕和監督)に主演した俳優のリリー・フランキーさん(54)が登場。報道陣に「賞は是枝監督と作品がもらったもので、僕はたまたま出ていただけ。でも、素晴らしいことだし、感動しました」と喜びを語った。

 リリーさんは生活のために息子と万引を繰り返す父親役を好演。同映画祭で作品上映後に長い喝采が送られたことに触れ、「この作品は愛されていると肌で感じた。何か賞をもらえるのでは、と思った」と振り返った。

 「小さな規模で始まった映画なのに、新聞の号外が出たり、1面に記事が載っている」と受賞後の報道に感慨深げ。23日に帰国予定の是枝監督には、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「日本ではすごいことになっているよ」と伝えたという。