【西城秀樹さん死去】音楽ジャーナリスト・湯浅明さん「人を励まし続けた存在だった」 - 産経ニュース

【西城秀樹さん死去】音楽ジャーナリスト・湯浅明さん「人を励まし続けた存在だった」

2003年7月15日、退院会見で笑顔でポーズをとる西城秀樹さん=東京・赤坂(撮影・植村光貴)
 西城秀樹さんは、すべての世代に存在が知られた特異なスターだった。団塊ジュニア世代が、生で見て格好いいと思ったアクションスター。振り付けも含めて大ヒットした「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」(昭和54年)で、舞台と客席が一体になる歌を出現させた。それまでは、歌は聴くもの、考えるものだった。
 47年にデビューし、当初は「情熱の嵐」(48年)など新御三家っぽい歌を歌っていたが、その後「君よ抱かれて熱くなれ」(51年)「ブルースカイブルー」(53年)など阿久悠さんの作詞曲を歌うようになり、詞の表現ができる大人のシンガーに脱皮した。その後、「ヤングマン」の大ヒットで、エンターテインメント性も体現した。
 大阪球場などスタジアムコンサートをソロで始めたのも西城さんで、クレーン車を使った度肝を抜く演出や、ファンに懐中電灯の持参を呼びかけ、ペンライトを使う応援の先駆けになるなど、色々な仕掛けも始めた。歌の世界を目で見せて、“魅せる”先駆者だった。
 後半の15年は、闘病生活を送ったが普通、トップクラスのスターは、弱い場面を隠す。でも彼は、自分と同じ病の人の勇気になればと、堂々と見せた。過去のショーも含め、挑戦する姿勢と覚悟する精神、人生への達観を持った人だった。
 平成15年、1回目に倒れたとき、入院先を見舞った。長居をしては疲れるだろうと、帰ろうとしたら西城さんは「帰らないで。一生懸命しゃべると、リハビリになる」と言われた。生き方すべてに挑戦性がある人だった。
 歌での挑戦でスターになり、人生においては病気に挑み、自分を見せ続け、人を励まし続けた存在だったと思う。