PR

ニュース 経済

飛沫感染対策に室内環境シミュレーション活用 「富岳」プロジェクトに貢献する鹿島のノウハウ 室内のリスク低減

公立学校モデル(8m×8m×3m=192m3)を対象に,エアロゾル感染のリスク評価を行う。ここでは機械式換気が十分ではない場合を想定し,エアコンの併用や窓開けによる換気促進によるリスク低減効果を評価する(提供:京工繊大、協力:神戸大、理研、鹿島建設)
公立学校モデル(8m×8m×3m=192m3)を対象に,エアロゾル感染のリスク評価を行う。ここでは機械式換気が十分ではない場合を想定し,エアコンの併用や窓開けによる換気促進によるリスク低減効果を評価する(提供:京工繊大、協力:神戸大、理研、鹿島建設)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ