PR

ニュース 経済

多数の経済的自由人を輩出した日本財託グループは4月1日を『FIREの日』と制定。

株式会社日本財託

 東京23区投資用マンション販売と賃貸管理、保険代理業を行う日本財託グループ(本社:新宿区 代表取締役社長:重吉 勉(しげよしつとむ))は、これまで数多くの不動産投資家を経済的自由に導いてきました。そこでこの新しい年度が始まる4月1日に合わせて、日本財託グループは『FIREの日』と制定。毎年4月1日には、経済的自由への道の道標となる『FIREの火』を限定販売いたします。※当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同しています。このプレスリリースは「日本財託グループ」の夢です。※『FIREの日』の制定、ならびに『FIREの火』の販売は実際には行っていません。

■4月1日は『FIREの日』と制定。道標となる『FIREの火』の販売を開始

 私たち日本財託グループは、一人でも多くの経済的自由を実現することを経営理念としています。このたび、経済的自由を達成したオーナー様が増えたことを受け、4月1日を『FIREの日』と制定し、この日限定で経済的自由の道標となる『FIREの火』を販売いたします。

■不動産投資とFIREに関するアンケート調査結果 回答者の7人に1人が「経済的自由」を達成

 昨年6月に実施した当社オーナー様を対象としたアンケートによると、回答者の7人に1人(172名)が「経済的自由」を実現と回答。うち、37名がFIRE(経済的自立と早期退職)を実現したと回答しました。現在では、多くのオーナー様に投資実体験をお話しいただくセミナーも多数開催しており、不動産投資による経済的自由実現の道を広く発信しています。当社ではこれからも「東京中古ワンルームによるFIREの実現」を推進してまいりたいと思います。

 ■2022年4月1日限定の特設Webサイトを公開

 「FIREの日」に合わせ、2022年4月1日限定の特設Webサイトを公開しています。本日限りのプレゼントキャンペーンも行っていますので、ぜひご覧ください。

https://www.nihonzaitaku.co.jp/seminar/s_manage/online_seminar_20220401.html

 「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの 夢の実現を本気で目指しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ