PR

ニュース 経済

香川県初進出!コンフォートホテル高松、3月23日開業~空港リムジンバス停から徒歩約1分!高松旅行の拠点として便利なホテル~

 全国に「コンフォートホテル」「コンフォートイン」「コンフォートスイーツ」を展開する株式会社チョイスホテルズジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:村木 雄哉、以下チョイスホテルズジャパン)は、2022年3月23日(水)、香川県高松市に「コンフォートホテル高松」を開業します。

 ■高松空港リムジンバスのバス停が徒歩約1分 飛行機でのアクセス便利

 香川県初進出となるコンフォートブランドのホテル「コンフォートホテル高松」(以下、当ホテル)は、高松空港リムジンバスのバス停「中新町」より徒歩約1分、高松の繁華街に位置する「瓦町」駅より徒歩約8分の立地にあります。市内には高松琴平電気鉄道株式会社(通称ことでん)やバス路線が充実しており、短時間の観光も可能であるため、旅の拠点として便利なホテルです。

 ■香川の伝統と瀬戸内の四季が感じられる館内

 コンセプトは「瀬戸内の四季を感じるくつろぎの客室とワークスペース Color your Journey. 旅に、実りを。」。香川の伝統工芸「讃岐のり染」のアートが飾られた館内には、非接触でチェックイン手続きが可能なセルフチェックイン・アウト機を導入。QRコードによる事前チェックインも利用できるため、スムーズにお部屋へ向かうことができます。また、盆栽の一大産地である高松らしい「盆栽型ディフューザー」や、瀬戸内の四季を感じる香りで、旅の雰囲気を盛り上げます。

 ■ブックディレクターが手掛けたホテルのための本が100冊以上 Comfort Library Cafe

 宿泊者が無料で使えるComfort Library Cafe(以下、カフェ)には、1人で落ち着いて仕事ができるワークブースや、ミーティングで活用できるボックス席をご用意しています。無料のWi-Fiを完備し、ヘッドセットや外付けスピーカー、拡張モニターの貸出もあるため、テレワークでの利用に最適です。

 また、高松や旅にちなんだ本を100冊以上設置しています。本は図書館や公共施設などのさまざまな場所のライブラリーの選書で知られる、ブックディレクターの幅允孝さんによるセレクトです。「まちの来歴」「旅の醍醐味」「心と体を整える」「心地よい時間」というホテルで心地よい時間を過ごせる4つのテーマのもと、ビジュアルブックから読み物まで、さまざまな本をご用意しています。200年近くの歴史を持つ香川漆器や、香川県丸亀市で生産されている丸亀うちわをはじめとした、カフェ内のディスプレイも本とともに旅を彩ります。

 ■ゆったりくつろげる客室

 瀬戸内の海をイメージしてデザインした客室は、フロアごとに季節を表現しています。また壁には、「波」「魚群」「水しぶき」といった海を連想させるモチーフを使った伝統工芸「讃岐のり染め」のアートが飾られています。瀬戸内国際芸術祭が開催される春・夏・秋にちなみ、フロアごとに異なる高松の四季を表現しています。ベッドとは別にソファもそなえ、ビジネスでも旅行でも自由きままにくつろぐことができます。また、貸出備品では睡眠をサポートするアイテムをご用意しており、お客さまに快眠を提供します。

 ■無料朝食では小豆島産オリーブオイルと瀬戸内麦みそを使い地産地消に貢献

 ビュッフェスタイルの無料朝食では、コンフォートホテルの定番メニューに加えて、香川県産のお米とたっぷりのオリーブを一緒に炊き込み、小豆島産のエキストラバージンオリーブオイルで仕上げた「オリーブライス」と、隠し味に瀬戸内麦みそを加えた「ミネストローネ」をコンフォートホテル高松限定で提供します。どちらも香川県産の食材を使用した、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」・目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」にもつながる「地産地消メニュー」です。

 ■コンフォートホテル高松 概要

 所在地 : 〒760-0056 香川県高松市中新町2番10号

 TEL : 087-861-8411 / FAX : 087-861-8412

 建物概要 : 地上11階、全163室、全室禁煙

 開業日 : 2022年3月23日(水)

 アクセス : 高松琴平電気鉄道(ことでん)「瓦町」駅西口より徒歩約8分 / 高松自動車道「高松中央IC」出口より車で約14分 / 「高松空港」よりバス停「中新町」までリムジンバスで約27分、「中新町」より徒歩約1分

 URL : https://www.choice-hotels.jp/hotel/takamatsu/

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ

PR TIMES TVトップへ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ