PR

ニュース 経済

【武蔵野大学】社会支援活動・SDGs活動を行うネパールのNGO団体でのオンラインインターンシップを実施

学校法人武蔵野大学

 ~ネパールの社会課題について学び、学生が支援活動の改善策を提案する~

 武蔵野大学学外学修推進センター(東京都江東区)はGLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)の海外研修の一環として、一般財団法人海外産業人材育成協会と連携したオンライン海外インターンシップ研修を2022年2月24日(木)~3月10日(木)に実施します。本プログラムでは、学生が開発途上国の実情や課題を理解するとともに、NGO団体が行う社会支援活動の改善策を提案することで、グローバルリーダーに必要な素養を育成します。

女子学生への奨学金授与等の活動を行うネパールのNGO団体で学生はオンラインインターンシップを行う

【本件のポイント】

日本にいながら、ネパールでSDGs活動を行うNGO団体にオンラインインターンシップし、国際感覚を養う

ネパールが直面する社会課題について学び、NGO団体が行う社会支援活動の改善策を提案する

グローバルな課題解決型の学修を通して、開発途上国のNGO団体とSDGsの関係について学ぶ

【本件の内容】

LGNの学生に対するコンピューター研修の様子

 GLPは、世界で通用する語学力の習得、豊富な海外体験などの教育プログラムを通して、国際舞台で即戦力となるグローバルリーダーを育成する武蔵野大学独自の選抜制プログラムです。今回、学内から選抜された8名の学生は環境保全、農村開拓、教育、女性のエンパワメント事業を手がけるネパールのNGO団体「Love Green Nepal」(以下、LGN)でオンラインインターンシップ研修を行います。

 日本社会ではさまざまな国・地域からの外国人が増加していますが、ネパール国籍の方の増加も顕著です。しかし、ネパールのことに興味を持つ日本人・日本在住者はまだまだ多くありません。そのため、今回ネパールをインターンシップ研修のフィールドとし、グローバルに活躍する際に必要な「世界を多面的に見る力」を養います。

LNGが支援する農家。 学生はネパールの現状を学び、最終日にLGNの支援活動を改善する提案を行う

 学生は持続可能な農業開発、女性のエンパワメント、教育、インフラ開発の4つの分野に分かれ、ネパールの専門家から各分野について学び、ディスカッションを行います。また現地の女性支援団体や学校、農家や飼料倉庫等と連携し、ネパールの学校の授業風景や環境負荷の少ない農薬・飼料づくりの取り組み等を学びます。研修最終日にはLGNの支援活動を改善するための提案を行うとともに、日本企業や投資家を想定したネパール支援のビジネスプランを考え、英語で発表します。

 引き続き、本学ではコロナ禍でも世界の課題に目を向け、自ら主体的に解決策を考えていく学びの機会を学生に提供していきます。

【概要】

【関連リンク】

■学外学修推進センターHP:https://www.musashino-u.ac.jp/guide/facility/off-campus_learning_office.html

■一般財団法人 海外産業人材育成協会HP:https://www.aots.jp/

【武蔵野大学について】

武蔵野大学有明キャンパス

 1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に改名。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数12,000人超の総合大学に発展。また2021年4月に日本初の「アントレプレナーシップ学部」、全学生「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせるなど、2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。

 武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ