PR

ニュース 経済

新宿にて、コロナ禍での豪雨災害「令和2年7月豪雨」の様子を写した写真展「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる写真展」を開催します。

一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO

 ご来場者様には、書籍「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる本」を部数限定で無料プレゼントいたします。

 一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO(所在地:熊本県熊本市、代表:佐藤かつあき)は、東京・新宿にて令和4年2月4日(金)~6日(日)に「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる写真展」を開催いたします。またご来場者様には、令和2年7月豪雨の支援者インタビューや221名のアンケート結果などを元に製作した「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる本」を部数限定で無料プレゼントいたします。

目次

 1. コロナ禍での、豪雨災害「令和2年7月豪雨」と遠隔での支援活動

 2.「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる写真展」について

 3. 開催情報

 4. イベント主催・運営者について

1.コロナ禍での、豪雨災害「令和2年7月豪雨」と遠隔でできる支援活動

 令和2年7月豪雨は、熊本県を中心に九州・日本全域で記録的な豪雨となりました。人的被害は、死者67名、行方不明者2名、軽症者35名。住家被害は、全壊1493棟、半壊3116棟に及びます。

 (※熊本危機管理防災HP 令和2年7月豪雨に関する被害状況より)

 この災害は、世界中で前例のないコロナ禍での、豪雨災害という2つの災害が重なり、被災地域外からの支援に向かうことが難しく、熊本県民一人ひとりの力が大きく求められた災害となりました。

 そんな中、BRIDGE KUMAMOTOでは、復旧支援活動を行う団体への支援金を目的とした基金の立ち上げと、デザイナーやイラストレーターによるチャリティーアイテムの製作、声で応援する「VOICE DONATION」など、現地ボランティアにはいけない方々による、遠隔でできる支援をおこないました。

2.「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる写真展」について

 「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる写真展」では、現地のカメラマンが撮影した被災地の写真と共に、現地ボランティアだけではないさまざまな支援のあり方に触れ、自分にできることが見つかる場です。

 「現地に行けなくてもできることがある、自分だからこそできることがある」

 そんな発見と、同じ想いを持つ仲間の存在を感じていただければ幸いです。

展示内容

 「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる写真展」は、3つの部屋に分かれています。

01. 想像する部屋

 ・現地カメラマンによる被災地の写真の展示

 ・現地ビデオグラファーによる被災地の様子を映した動画

02. 自分にできることのヒントが見つかる部屋

 ・BRIDGE KUMAMOTOの過去の支援事例の展示

 ・自分の“好き”や“得意”を知るための「問い」に向き合う

 ・現地ボランティアのインタビュー映像

03. シェアする部屋

 ・入り口で撮影したチェキに「自分にできること」を書いて壁に貼り付ける展示

 01~03まで進んでいただいた方に、数量限定で書籍「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる本」をプレゼントいたします。

プレゼントする「大切な人が被災したときに、自分にできることが見つかる本」

3. 開催情報

【期間】

 令和4年2月4日(金)~6日(日)

 ー2月4日(金) 15:00~21:00(20:30最終入場)

 ー2月5日(土) 10:00~21:00(20:30最終入場)

 ー2月6日(日)10:00~16:00(15:30最終入場)

【場所】

 ひらやないえ(暖簾のかかった一軒家です)

 住所 :〒160-0023 東京都新宿区新宿4ー17ー6

 GoogleMap:https://g.page/shinjyukuhirayanaie?share

【交通アクセス】

 都営大江戸線 西新宿五丁目駅 徒歩4分

 都営大江戸線 都庁前駅 徒歩7分

 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 徒歩11分

 京王新線 初台駅 徒歩10分

 JR山手線 新宿駅 徒歩16分

 小田急線 新宿駅 徒歩16分

【問い合わせ先】

 一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO

 担当 村上

 ※新型コロナウイルスの影響により、一部展示内容を変更する場合がございます。

 お手数ですが、最新情報はBRIDGE KUMAMOTOのSNSをご確認ください。

 Twitter :https://twitter.com/bridge_kumamoto

 Facebook:https://www.facebook.com/bridgekumamoto

 ※当展示では、英語・手話・ガイドヘルプのサポートができるスタッフがおります。

 ご希望の際は、お手数ですが事前にお問い合わせください(info@bridgekumamoto.com)

 ※本イベントは休眠預金活用事業の支援をうけ実施しています。

4. イベント主催・運営者について 

主催:一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO

 2016年熊本地震をきっかけに設立された一般社団法人です。「クリエイティブの力で社会課題に挑む」「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」をミッションとして、メンバーのそれぞれが本業を持ちながら、プロボノとして参加・運営をしています。

 熊本地震の被災地の屋根を覆った、廃棄ブルーシートを回収・洗浄してトートバッグにアップサイクルし、売り上げの一部を被災地に寄付する「ブルーシードバッグ(R)」は、これまでに3,500個を売り上げ、寄付金は300万円を超えています。

 団体名:一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO

 設立:2016年5月10日

 所在地:熊本市中央区新町2-2-23

 代表理事:佐藤かつあき

 WEB:https://bridgekumamoto.com/

企画:morning after cutting my hair, Inc.

 社会課題解決を物語の力で世の中に届け、「人の心が動き続ける社会を作る」を掲げる、社会課題に特化した企画・PRの会社。髪を切った次の日の朝のような、ほんの少しのドキドキとわくわく、他人からみたら小さな一歩かもしれないその歩みの背中を押せる存在になろうと、社会課題に向きあう人たちのPR・ブランディング支援を行っています。

 WEB:https://macmh-inc.com/

運営:特定非営利法人ボランティアインフォ

 東日本大震災をきっかけに、2011年から「ボランティアを求める人とボランティアをつなげる」ことをミッションに活動。ボランティア情報事業、ボランティアコーディネート事業、ボランティア促進・啓発事業など、「NO VOLUNTEER,NO LIFE」をテーマに活動を広げています。

 WEB:https://volunteerinfo.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ