PR

ニュース 経済

「No.1調査」「日本初調査」「業界初調査」「世界初調査」ならESP総研へ(業界1位:1999年8月以来、累計1,000件以上の実績・年間平均100件/年の実績)<2022年1月1日(最新報告)>

株式会社 ESP総研

 「No.1調査」「日本初調査」「業界初調査」「世界初調査」

 <トピックス(変化・ポテンシャル)>1.受注実績件数(1月~12月) 拡大 前年同期比:118.6% 増2.直近3カ月での引き合い件数(10月~12月) 拡大 前年同期比:117.3% 増

 【対象】

 (「No.1調査」「日本初調査」「業界初調査」「世界初調査」を外部に委託しようと検討されている)

 ・一部上場企業または関連団体

 ・(売上・販売実績)シェア1位 企業

 ・TVCM企業

 ・業種・業界は全方位

 ・コンサルティングファーム

 ・シンクタンク など

 【お客様へのメッセージ】

 ★「No.1調査」「日本初調査」「業界初調査」「世界初調査」のことならお任せ下さい!

 ★プロのコンシェルジュが徹底した事前相談に対応!

 ★丁寧な調査・ヒアリングだけでなく、フォローやサポートもエンドレスで行うので安心です。

 ◆相談無料

 ◆万全のアフターサポート

 ◆全業種対応

 【ビジョン】ESP総研では以下を徹底して心掛けております!

 ◆「No.1調査」「日本初調査」「業界初調査」「世界初調査」は安心してお任せください!

 ◆プロのコンシェルジュが無料相談!

 ◆徹底した事前相談対応(無料)!

 ◆丁寧な調査・ヒアリング!

 ◆記録技術(会話速記)/テープ起こし(レポート内容充実)へのこだわり!

 ◆レポート品質UPに対する強い意識!

 ◆フォロー・サポートはエンドレスに!

 ◆ご依頼頂いた内容の守秘義務は徹底致します!

 【姿勢】ESP総研では以下を徹底して心掛けております!

 ◆誠心誠意尽くします!

 ◆真摯かつ謙虚に対応します!

 ◆1人1人のお客様を大切にします!

 ◆丁寧かつ分かりやすく説明します!

 ◆常にお客様の期待値を超えるように努力します!

 ◆高い顧客満足度を目指して徹底したリサーチ&レポートを心がけます!

 【実績】

 1)1999年8月以来、累計1,000件以上の実績

 2)年間平均100件/年の実績

 3)対象業界(インタビュー/ヒアリング)は全方位対応

 4)案件 種別シェア(累計数量ベース)

 (1)「シェアNo.1」検証調査:30%

 (2)「売上No.1」検証調査:20%

 (3)「(販売)実績No.1」検証調査:20%

 (4)「顧客満足度No.1」検証調査:2.5%

 (5)「認知度No.1」検証調査:2.5%

 (6)「世界初」検証調査:20%

 (7)「アジア初」検証調査:2.5%

 (8)「日本初」検証調査:2.5%

 5)30か国以上対応(グローバル対応)

 6)実績エリア(海外)

 (1)北米:35%

 (2)欧州:30%

 (3)アジア:25%

 (4)その他:南米、中東、アフリカなど 10%

 7)主たる実績 国

 (1)米国:30%

 (2)ドイツ:10%

 (3)フランス:7%

 (4)イギリス:7%

 (5)中国:8%

 (6)韓国:7%

 (7)台湾:5%

 (8)その他:26%

 8)業種・業界シェア *売上金額ベース:直近3か年

 (1)IT(セキュリティ含む):33.1%

 (2)コンシューマエレクトロニクス、家電など:23.1%

 (3)美容・健康:18.5%

 (4)食品・飲料:15.4%

 (5)人材:7.7%

 (6)その他:2.3%

 【調査方法】

 <No.1調査>

 1)経験豊富な専門リサーチャーによる、ZOOMまたはオンライン・ツール×深堀インタビュー/ヒアリング

 2)経験豊富な専門リサーチャーによる、電話×深堀インタビュー/ヒアリング

 3)経験豊富な専門リサーチャーによる、訪問×深堀インタビュー/ヒアリング(緊急事態宣言時期や新型コロナの影響時期はNG)

 4)経験豊富な専門リサーチャーによる、ムービーカメラ×深堀インタビュー/ヒアリング(緊急事態宣言時期や新型コロナの影響時期はNG)

 <世界初調査、日本初調査、業界初調査>

 (1)機能・形態情報、資料(訴求ポイント=実用新案も)

 (2)世界初・日本初であろう、といったポイントのキーワード、記述→調査&検証項目

 (3)調査・検証 対象 地域→世界:日本ならびに海外について、統一的な手法を用いて「模倣品調査」「類似競合調査」を実施する。

 (4)手法;内外の技術データベース(有料系も含め;学術系、技術系、知財系、事業系の)

 <調査ツール>

 *活用する、知財データベース;【各国特許庁、及びWIPO系のデータベースも】

 <1>欧州特許情報;Espacement:90か国、地域

 <2>米国特許情報&カナダ特許情報&日本(2000年以降)

 <3>関連コンテンツ情報(アジア&アフリカ系)

 <4>関連情報データベース(学術研究論文情報、技術開発情報)

 <5>J-PlatPat(特許情報プラットフォーム;日本特許庁提供)

 *調査手順、方法等として;

 1)世界の発明・考案【=特許・実用新案】を中心に、学術論文情報&経済情報も加味して、予備調査(事前調査;広範囲調査)を開始し、本調査(本格調査;本質的特徴を明確にする調査)に入る。

 2)海外模倣品調査、海外類似競合調査は以下の2種類の調査を実施する。

 ・現時点では世界の国数は合計195か国。そのうち特許DB登録があるのは世界95か国であり、そのDB(特許、考案)を網羅的に全部チェックし、USPTO、WIPO等も含め、模倣品調査、類似競合調査を実施する。

 ・万一、模倣品あるいは類似競合品が存在した場合、今度は、その企業等の動向、国の背景、大使館人脈、産学連携人脈情報、世界経済情報&世界知財情報ネットワーク関連情報網を介して、Web調査を実施し、どの点が模倣品なのか?類似競合品なのか?レポートする。

 3)予備調査で、ズバリが出た場合、または、その他の理由で、本調査を完了前に、調査中断の、判断がされた場合も考慮し、その場合は、入手情報で報告書を作成する。

 【調査期間(例)】

 <No.1調査>

 ・(競合)調査対象が5社の場合には、1か月など

 ・(競合)調査対象が10社の場合には、2か月など

 <世界初調査、日本初調査、業界初調査>

 ・世界初(検証)調査:2か月

 ・日本初(検証)調査:1か月

 ・業界初(検証)調査:1か月

 【「No.1調査」「世界初調査」「日本初調査」「業界初調査」 目的例】

 1)TVCM内で(第三者機関調べ→ESP総研 調べ)「No.1」表記を行いたい

 2)TVCM内で(第三者機関調べ→ESP総研 調べ)「No.1」表記を行ったところ、売上が2倍になった。今後も調査を継続したい。

 3)お客様向けプレゼン資料内のPR用で(第三者機関調べ→ESP総研調べ)「No.1」表記を行いたい

 4)対外的なWeb×PR用で(第三者機関調べ→ESP総研調べ)「No.1」表記を行いたい

 5)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、自社のホームぺージ上でPR「No.1」表記したい

 6)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、ニュースリリース上でPR「No.1」表記したい

 7)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、カタログ・チラシ上でPR「No.1」表記したい

 8)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、今後展開していくプロモーション全般で活用・PRしたい

 9)今まで「自社調べ」で表記してきた。それではインパクトが弱いため、「ESP総研調べ」のクレジット表記を行いたい

 10)PR動画上で「No.1」表記を行いたい。また、動画上で「ESP総研調べ」のクレジット表記を行いたい

 11)イベント内でのPR用で(第三者機関調べ→ESP総研調べ)「世界初」表記を行いたい

 12)製品に「世界初」の表記を行いたい

 13)対外的に「世界初」と表記したいが、その調査手法が分からない

 14)「世界初」と言及できればそれに越したことはないが、どこにお願いしたら良いのか知らなかった

 【代表的な調査テーマ・領域(重複テーマは定点調査テーマ) *直近5か年】

 1)ローカル5G

 2)5G

 3)6G・7G

 4)MaaS

 5)人流解析

 6)量子コンピュータ

 7)公式のYouTuber

 8)国内化粧品メーカー

 9)ウェアラブル

 10)XaaS(PaaS・SaaS)

 11)クラウド

 12)M&A

 13)IoT

 14)データセンター

 15)AI

 16)振動発電

 17)航空技術

 18)運用監視

 19)社会インフラ×AI

 20)AR/VR/MR

 21)オンライン講座

 22)脆弱性診断

 23)自転車

 24)氷雪・氷

 25)ハイセキュリティ

 26)橋梁(管理者)

 27)WAF

 28)イメージセンサ

 29)SFA・CRMツール

 30)タイヤ

 31)MES(製造実行システム)

 32)SCADA

 33)人材会社

 34)HRテクノロジー

 35)転職媒体

 36)電子書籍

 37)ワイン通販

 38)研究開発費用

 39)写真館

 40)VRニーズ

 41)半導体

 42)シリカ

 43)ポンプ

 44)ロボット技術

 45)家庭用医療機器

 46)電力会社

 47)ガス炉

 48)結婚式

 49)ネットワーク機器

 50)スマートロック

 51)カメラ中古

 52)人材紹介会社向け求人データベース など

 53)電子書籍・電子コミック

 54)PaaS・SaaS

 55)計算機基盤

 56)AIチャットボット

 57)法人向けソリューション

 58)MVNO

 59)クレジット・電子マネー決済サービス

 60)鍵屋

 61)監視ソリューション

 62)パブリッククラウド

 63)オンプレミス用ソリューション

 64)AGV

 65)倉庫業の自動化ソリューション

 66)テスト設計者

 67)実行者常駐

 68)テスト設計

 69)実行(受託)

 70)電動アシスト自転車

 71)小型UPS

 72)ノルウェー企業 本社調査

 73)建設コンサルティング会社

 74)WAF

 75)フラッシュモブ

 76)SFA・CRMツール

 77)企業の内部通報制度

 78)企業の外部受付窓口サービス

 79)基地局バックアップ用蓄電池

 80)家庭用ホワイトニングLED照射機

 81)大型鋳造部品

 82)レボルバ機構部品

 83)ネットワーク機器のレンタル・販売の仕入れ先 企業

 84)第三者保守

 85)求人検索エンジンサイト

 86)転職サイト

 87)CX向上のためのデジタルプラットフォーム

 88)家庭用コミュニケーションロボット

 89)フロントオフィスSaaS

 90)フロントオフィス業務一元管理アプリ

 91)コンブチャ

 92)にんにく成分入りサプリメント

 93)モバイルプラン×キャリア

 94)5G・モバイル大容量プラン

 95)雨とい

 96)ウイズコロナ、アフターコロナ時代

 97)「ニューノーマル」(新常態)

 98)「求める人材像」

 99)制震ダンパー

 100)競合他社の退職防止施策

 101)退職率(年次別、男女別、業務別等)

 102)退職防止のための具体的な施策内容(研修内容、サポート体制、給与水準、その他特徴的な取組み等)

 103)採用対象人材要件

 104)3Dホログラム

 105)ふるさと納税返礼品

 106)ダイレクトリクルーティング(DR)媒体×ITエンジニア専門

 107)未経験者向け研修のカリキュラム

 108)結婚相談所

 109)人材紹介会社向け求人データベース

 110)ウォーターサーバ

 111)オーダーメイドウェディング

 112)小型集塵機

 113)ブライダル業界×結婚式=挙式+披露宴

 114)求人データベース

 115)エンジニア系フリーランスエージェント

 116)フリーランス向けサービス

 117)特定技能

 118)アメリカ不動産

 119)光美容器

 120)プログラミング教材

 121)クラウド型WAFサービス

 122)カメラ買取

 123)MaaSにおける広告・コンテンツの配信に特化したプラットフォーム

 124)生チョコをコーティングしたスティック菓子

 125)電子書籍・電子コミック

 126)IoTデバイス(カメラなど)

 127)社会的インフラ分野で人工知能を活用する先進的企業

 128)ニオイセンサー

 129)洗濯機市場流通構造

 130)鋳物・鍛造品・加工品

 131)税理士法人

 132)フュームドシリカ

 【対応組織(営業・消化)】

 1)企画・営業・管理(責任者):ESP総研 村岡 正悦

 2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 国内調査チーム、海外調査チーム (欧・米・アジア別)

 (1)「No.1調査」(シェア・販売実績・売上など)は、当該キャリア25年以上のキャリアを持つベテラン・リサーチャを中心に徹底調査

 (2)「世界初調査」「日本初調査」「業界初調査」は、40年以上のキャリアを持つベテラン・知財経営コンサルタントを中心に徹底調査

 【納品物種類・ページ数(報告書)】

 <No.1調査>

 1) 会話記録<テープ起こし&全文復元(日本国内のみ)>(Word)*企業別

 *海外はヒアリング・メモ中心

 2)先方から取集した参考資料(PDFなど)

 3)分析レポート または 集計レポート(PPT)

 4)報告書枚数: 上記1)~3)で数十枚~数百枚

 <世界初調査、日本初調査、業界初調査>

 1)PPT報告書(調査の結論)数十枚~数百枚

 2)裏付け資料(類似競合調査の検索結果など)数十枚以上

 【概算費用(指標)】

 1)指標:調査対象国×調査対象企業数×(調査)項目数×難易度×OUTPUTレベル

 2)分析レポート または 集計レポートに求める難易度、ボリュームによる

 *個別見積

 【担当部署】

 株式会社 ESP総研 「No.1調査」「世界初調査」「日本初調査」「業界初調査」担当部門

 TEL:03-6801-6836

 FAX:03-6801-6066

 【ご依頼方法】

 必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にお送りください

 【会社概要】

 会社名  :株式会社 ESP総研  https://www.espers.co.jp

 所在地  :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

 設立 :1999年8月19日

 代表者  :代表取締役 村岡 正悦

 事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ