PR

ニュース 経済

株式会社アクセルラボ、第三者割当増資により7億円の資金調達

株式会社アクセルラボ

 株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小暮学、 以下当社)は、フューチャーデザインキャピタル合同会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:小暮学 以下、FDC)を引受先とする第三者割当増資により、7億円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。

◆資金調達の資金

 このたび実施した資金調達は、事業基盤及び顧客基盤の更なる拡大に向けて、以下3点に充当する予定です。

 1.採用に係る人材費

 2.SpaceCoreの開発費

 3.サポート体制拡充に係るオペレーション費

◆資金調達の背景と目的

 当社は、2019年にスマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」の提供を開始し、導入社数は不動産会社や管理会社を中心に100社を突破し、その導入戸数は20,000戸に迫る勢いとなっています。

 また、SpaceCoreとの連携を進めている国内外の住設機器メーカーやデバイスメーカーといったパートナー企業社数も急速に増えており、SpaceCoreが提供するサービスも拡大し続けています。

 今後、更なるSpaceCoreの導入、またパートナー企業との連携・開発が進むことが計画されており、新規採用を通じた人材の確保、SpaceCore開発領域の拡充及び導入企業やユーザーサポート体制の強化に必要となる資金を調達しました。

◆第三者割当増資の引受先

 FDCは、当社筆頭株主で代表取締役小暮学の資産管理会社です。今回の第三者割当増資の引受により、FDCからの累計資金調達額は22億円になります。引き続き、当社の小暮は事業にコミットし、事業を牽引してまいります

◆SpaceCore(スペース・コア)とは

 SpaceCore:https://www.space-core.jp/

 「SpaceCore(スペース・コア)」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月より提供を開始して以来、全国100社以上、約18,000※戸に導入されております。ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスをユーザーが利用できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、事業者と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

 ※2021年9月時点

 ◆株式会社ACCEL LAB 会社概要

 本社 :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階

 代表者 :代表取締役 小暮 学

 設立 :2017年7月

 URL :https://accel-lab.com

 事業 :プラットフォームサービスの開発・販売、WEBメディア運営

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ