PR

ニュース 経済

【飯島寛騎×SDGs】サステナブルプラットフォーム「econo-me」との共創企画“育てて好きをツクル” をテーマにしたコラボアパレルを発売 1月24日(月)より受注販売開始

econo-mePR事務局

 売上の一部は森林保全団体のmore treesへ寄付

 株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川創、東証一部:6058、以下ベクトル)の子会社で、WEBを活用した総合的なPR活動を支援する株式会社シグナル(本社:東京都港区、代表取締役:草場大輔)は、自社が運営する「エコをおしゃれにする」をコンセプトとするP2Cプラットフォーム「econo-me」(エコノミー)において、俳優の飯島寛騎さんとのコラボ企画を実施。“育てて好きをツクル”をテーマにコラボアイテムを製作。1月24日(月)より受注販売を開始いたします。(公式オンラインショップ:https://shop.econo-me.jp/f/iijimahiroki)

 「econo-me」は、「エコをおしゃれにする。」をコンセプトに、賛同者とそのファンの方たちが、気軽に楽しみながら参加できる共創型の“サステナブル×ファッション×P2C※1 ”プラットフォームです。

 国内で新たに供給される衣類の量は約81.9万トンにのぼり、そのうち約90%が使用後に手放されています。また、手放された衣類のうちの約65%が破棄されていると推測され※2、衣類の大量破棄は深刻な社会問題になっています。econo-meはこの「衣類の大量廃棄」にフォーカスを当て、地球に優しいサステナブルなアパレル商品を企画・製作。

 衣類が大量に破棄される主な要因を、流行のサイクルの加速化/低品質な商品の大量生産と考え、愛着を持って使い続けてもらえることを念頭においたコンセプト策定、それに基づいたプロダクトの企画、環境に配慮した素材を使用したプロダクト製作を行うことで、衣類大量廃棄の要因と根本的に向き合い、最終的に「衣類の大量廃棄」を軽減できるような取り組みを続けています。

 さらに、SNSでSDGs、エコ、サステナブルなどにハードルが高いと感じている人に、エコをもっとラフに、おしゃれに、楽しく関わってもらえるような情報を発信しています。

 <コンセプト> 育てて好きをツクル

 製作したアイテムは“着用する毎に自分に馴染み、好きになっていく”をテーマにしています。「服が昔から好きで、今回オリジナルのものを作ることができる機会に出会えた」という飯島さん。

 完成までに時間はかかったものの、使う度に好きになっていく、その気持ちを大事に素材、形を選んでいます。そのこだわりを皆さんで育てて、皆さんのオリジナルにして頂けたらという想いを込めた「ロンT」「デニム」「靴下」「サウナハット」の4つのアイテムを用意しました。また全ての商品に飯島さんがデザインしたオリジナルロゴも入っています。

【1】ロンT 

 性別関係なく合わせやすくするため、ややビッグなシルエットを意識、ヘビィウェイトでありながら柔らかく仕上がる生地を採用しています。袖口、首元を程よくつめることで緩急がつき、ルーズな印象を与えすぎない1枚です。

 〈本人コメント〉

 丈夫であり、洗濯するたびにTシャツの表情が変化していくスタイルを楽しめるようにしました。

【2】デニム 

 古き良きヴィンテージ感を出すために縦糸と横糸にインディゴと白糸をつかったコントラストが特徴。限りなくリジッドデニムのように仕上げています。洗いによる縮みを防ぐためにワンウォッシュをかけた、絶妙にちょうどいい重さと風合いが楽しめる13.5オンスを採用したデニムになっています。

 〈本人コメント〉

 少しワイドでゆったりと着られ、かつストレートを採用しているので男女共にカジュアルにもキレいめでも着られるスタイルにしました。

【3】靴下

 毎日履くものだからこそ、機能やデザインにまでこだわって仕立てています。指が二股に分かれていることから通常の靴下に比べてムレにくくなっています。

 〈本人コメント〉

 毎日履く靴下は丈夫に。足回りをしっかり包み、ずっと欲しかった、スニーカーだけでなくサンダルでも合わせやすい足袋型にして、シンプルなデザインにしました。

【4】サウナハット

 のぼせ防止、髪の乾燥防止、頭皮や耳の保護など様々な効果があるといわれているサウナハット。

 厚さ約3mmと丈夫で軽い天然ウールフェルトを素材に使用。撥水性が高く汚れにくく、シワになりにくく、型崩れしにくいなど機能性も高いため、長く使っていただけるアイテムです。

 〈本人コメント〉

 サウナーの僕が特に必要としていたものです。髪のダメージ、頭の温めすぎを抑えます。

 デザインは可愛く使って貰うために葉っぱをイメージしてみました。

 <企画賛同のきっかけ>飯島寛騎さんコメント

 服は育てて長く着る。長く着る服は季節を何周も巡るものです。新しいものは1から、再利用は+(プラス)1から。そういった自らが育てて長く着るという感覚は持続可能なものであり、環境に配慮した今回のプロジェクトの考えと一致する部分があるのではないかと思いました。

売上の一部は森林保全団体のmore treesへ寄付

 『日頃恩恵を受けている森の恵みにほんのわずかでも対価としてお返しをし、「都市と森をつなぐ」サイクルを巡らせる』というmore treesさんの活動内容は、持続可能なものであり、今回掲げた「育てて長く着る」というテーマに一致すると思ったからです。

 ※一般社団法人more trees

 音楽家・坂本龍一が代表を務める森林保全団体。地域との協働で森林保全を行う「more treesの森」の展開、国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、セミナーやイベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードに「森と人がずっとともに生きる社会」を目指したさまざまな取り組みを行う。

特典

 アイテムをご購入の方には飯島寛騎×econo-me限定のポストカードとロゴステッカーをお届け。

 アイテム詳細

 商品名:飯島寛騎×econo-me ロンT

 価格 :¥7,590(税込)

 カラー:ブラック / ホワイト

 サイズ展開:F

 商品名:飯島寛騎×econo-me ストレートデニムパンツ

 価格 :¥14,000(税込)

 カラー:インディゴブルー

 サイズ展開:M / L

 商品名:飯島寛騎×econo-me タビックス

 価格 :¥1,900(税込)

 カラー:ブラック / ホワイト

 サイズ展開:M / L

 商品名:飯島寛騎×econo-me サウナハット

 価格 :¥5,900(税込)

 カラー:カーキ

 サイズ展開:F

 飯島寛騎さんプロフィール

 北海道出身。1996年8月16日生まれ。

 2015年第28回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、翌2016年『仮面ライダーエグゼイド』で宝生永夢/仮面ライダーエグゼイドとして主演をつとめる。

 その後ドラマ「チャンネルはそのまま!」 (HTB)、映画「ブレイブ‐群青戦記‐」(東宝)、 W主演ドラマ「悪魔とラブソング」(hulu) 、ドラマ「警視庁・捜査一課長season5」 (テレビ朝日) にレギュラー出演する他多数の作品に出演中。2022年1月27日(木)~1月31日(月)本多劇場にてW主演舞台「リクエストをよろしく」に出演予定。

■econo-me公式WEB

 econo-meオンラインショップ :https://shop.econo-me.jp/

 econo-me 公式Instagram. :https://www.instagram.com/econo_me_p2c/

【株式会社ベクトル 会社概要】

 会社名 :株式会社ベクトル

 代表取締役:長谷川 創

 住所 :東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F

 資本金 :2,880百万円(2021年2月28日現在)

 設立 :1993年3月

 事業内容 :PR事業、プレスリリース配信事業、ビデオリリース配信事業、

 ダイレクトマーケティング事業、メディア事業、HRTech 事業、

 デジタルマーケティング事業、インベストメントベンチャー事業 等

【株式会社シグナル 会社概要】

 会社名 :株式会社シグナル

 代表取締役:草場 大輔

 住所 :東京都港区北青山3-10-14 北青山ビル2F・3F

 資本金 :3,000万円

 設立 :2005 年 12 月

 事業内容 :PR 事業、WEB マーケティング事業、ネットリサーチ事業

 URL :https://sgnl.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ