PR

ニュース 経済

世界のポリイミドフィルムとテープ市場ーアプリケーション別(フレキシブルプリント回路、特殊加工製品、感圧テープ、ワイヤー・ケーブル、など)、最終用途産業別、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.

 SDKI Inc.は、世界のポリイミドフィルムとテープ市場ーの新レポートを2022年01月14日に発刊しました。この調査には、ポリイミドフィルムとテープ市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。レポートのサンプルURLhttps://www.sdki.jp/sample-request-91669

 ポリイミドフィルムとテープ市場は、2022年に15.1億米ドルの市場価値から、2030年までに25.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.9%のCAGRで成長すると予想されています。

 調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/global-polyimide-film-and-tape-market/268

 ポリイミドフィルムは、電気絶縁用途に使用できる軽量パッケージで、広い温度範囲にわたって熱的、電気的、物理的、化学的特性を備えています。ポリイミドフィルムテープは、破れ、摩耗、および経年劣化の影響に耐える薄い裏打ちの特徴を備えており、高温粉体塗装および陽極酸化操作にも耐えることができます。また、ポリイミドフィルムやテープは、時計、ラップトップ、スマートフォン、パネルボード、デジタルカメラなどのコンパクトな電子機器で使用されるプリント回路基板の開発に使用されています。

 エレクトロニクスと自動車産業からの需要の増加、ならびに携帯電話、ラップトップなどの家電製品の消費の増加は、予測期間中にポリイミドフィルムとテープ市場の成長を推進する主な要因です。statistaによると、2016年の世界のスマートフォン普及率は33.5%でしたが、2020年には44.9%上昇しています。さらに、Statistaによると、米国の成人のデスクトップ/ラップトップの所有権は2019年には約74%であり、2018年の73%から増加すると推定されています。しかし、ポリイミドフィルムの高い製造コストは、予測期間中に世界のポリイミドフィルムおよびテープ市場の成長を抑制する可能性があります。

 VR / AR(仮想現実/拡張現実)人工知能(AI)、5G、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術的進歩の高まりは、市場の成長を推進している注目すべき要因です。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、世界で84億のIoTデバイスがあり、IoT市場は2018年に1,300億米ドルを占めており、2025年までに1.5兆米ドルを獲得すると推定されています。また、2019年の世界のICT輸出(総輸出に占める割合)は11.536であり、米国が8.7%を占めており、日本が8%の割合でそれに続きました。さらに、世界のアクティブなインターネットユーザーの増加は、世界人口の約60%に達しており、市場の成長をさらに促進しています。2020年12月末までに、世界中のアクティブなインターネットユーザーの総数は約43億人になりました。これらの要因は、さらに、市場のプレーヤーに有利なビジネス機会を生み出すと予測されており、今後数年間で市場の成長を後押しするとさらに予想されます。

ポリイミドフィルムとテープ市場セグメント

 ポリイミドフィルムとテープ市場は、アプリケーション別(フレキシブルプリント回路、特殊加工製品、感圧テープ、ワイヤー・ケーブル、モーター/発電機)、最終用途産業別(電子、自動車、航空宇宙、ラベリング、ソーラーなど)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ポリイミドフィルムとテープ市場の地域概要

 アジア太平洋地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、この地域の発展途上国での新技術の急速な採用、家計収入の増加、と価格デフレが家電製品の高い需要を生み出していることに起因しています。さらに、この地域で成長している電子産業は、ポリイミドフィルムの高い需要をもたらしています。企業は、モバイルデバイスのディスプレイを製造するために、ガラスの代わりにポリイミドフィルムとテープを使用しています。これは、それらがより軽く、より薄く、壊れにくいためです。これは、この地域のポリイミドフィルムとテープ市場の成長に貢献しています。

 これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

ポリイミドフィルムとテープ市場の主要なキープレーヤー

 ポリイミドフィルムとテープ市場の主要なキープレーヤーには、E. I. Du Pont De Nemours & Company、Taimide Tech. Inc.、Saint-Gobain、3M Company、Toray Industries, Inc.、Nitto Denko Corporation、Ube Industries Ltd.、Mitsubishi Gas Chemical Company Inc.、Kaneka Corporation、Pi Advanced Materials Co., Ltd.などがあります。この調査には、ポリイミドフィルムとテープ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

 レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-91669

SDKI Inc.会社概要

 SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ