PR

ニュース 経済

デジタルハリウッドSTUDIOの主婦・ママクラス受講生が平和学習の新しいブランディング・Webサイトを提案-『Hiroshima Peace Tourism』特設サイトを制作

デジタルハリウッド株式会社

 デジタルハリウッドSTUDIO×広島市経済観光局観光政策部による取り組み

 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール、デジタルハリウッド(運営会社:デジタルハリウッド株式会社 本社/本校:東京都千代田区 学長:杉山知之)が運営をする『デジタルハリウッドSTUDIO』では、いち早くハイブリッドラーニングを取り入れ、どんな時でも持続的、継続的な学び方ができる環境、教材を提供し、制作課題として受講中に実案件を経験するプログラムを通じて、実践力を養っています。このたび、主婦・ママの自由な働き方と生き方を応援する「Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス」にて、当クラスのSTUDIO渋谷等の受講生が、広島市経済観光局観光政策部が実施している「HIROSHIMA PEACE TOURISM」の特設サイトを制作しました。受講生の視点を活かし、広島の平和学習に新しい視点からアプローチするプロジェクトとしてWebサイトを公開いたしました。

■広島ピースツーリズムについて

 広島市は、国内外の来訪者と市民が平和への思いを共有するものとの意味合いを込め、「ピースツーリズム」という、平和を意味する英単語を使った言葉を作りました。これは、広島市内にある主要な平和関連施設などを巡ることで、平和とは何かを考え、思いを巡らせ、世界の人々がその思いを共有することを目的としています。

 広島市内には、原爆ドームや平和記念公園をはじめ、市内各地には数多くの被爆の痕跡や復興の証が残っており、その一つ一つに物語があります。それらに触れることで、市民も来訪者も一緒になって、平和な世界に向けて自分たちに何ができるかを考えるきっかけとなって欲しい、ピースツーリズムにはそういった思いが込められています。

■今回の目的・実施内容について

 学習カリキュラムの一環として、広島市経済観光局観光政策部「HIROSHIMA PEACE TOURISM」のWebサイトのブランディングを企画。主婦・ママの視点からサイトの目的やゴール設定などをヒアリングし、首都圏の家族連れをターゲットとした企画やデザインを考えWebサイトを制作しました。従来とは異なる視点からピースツーリズムを発信する試験的な新しい試みとなり、全13名の受講生が制作した作品から選出された優秀作品4作品は2021年11月より順次公開されています。

優秀作品4作品の紹介と制作の様子はこちら

https://school.dhw.co.jp/school/shibuya/blog/20220114.html

■担当者からのコメント

●広島市経済観光局観光政策部 観光プロモーション担当 中峠真美 さん

 講師の皆さん、受講生の皆さんにご協力頂き、素晴らしいピースツーリズムの特設サイトを制作することが出来ました!今回、新たに設定したターゲットは首都圏の子どもをお持ちのママさん達。まさに当事者である受講生の皆さんは、私たちが伝えたい内容を、ユーザー目線でうまくアレンジし、デザインしてくださいました。今までとは少し違う新たな伝え方が出来るようになり、関係者一同、大変喜んでいます。本当にありがとうございました。

●コーディネーター:久保田涼子 さん

 この度、地元である広島市と東京のママクラスをつなげるコーディネーターとして携わらせて頂きました。

 受講生の皆さんは、クライアントワークを通してヒロシマを知り、親の目線で広島県外の人たちに、どのようにピースツーリズムを伝えたら良いのかを真剣に考えて取り組んで下さいました。このサイトを見た方が、ヒロシマに関心を持ち、実際に現地に訪れるきっかけとなれたら幸いです。

●Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス 担当講師:塩原 亜希子/なみき みと

 ピースツーリズムのサイト制作を通じて、Webサイト制作の経験だけではなく、広島や平和学習について改めて考えることができる意義深い時間を過ごす事ができました。今回お時間いただけたことに受講生・講師スタッフともに感謝をしております。

■受講生作品の紹介

●第1弾:学校で習ったらヒロシマに行ってみる?(制作者:見島 江利子)

https://peace-tourism.com/lp01/

 4年前に家族で広島を訪問した時の経験や思いを元に制作。中学受験をする小学5年生と家族をターゲットユーザーとし、「元気な小5男子がヒロシマに行ってみたくなる!サイト」をコンセプトに据え、不規則性のパーツを用い遊び心あるデザインで、子どもが“平和”を感じる機会の増加を目指しました。

 制作者コメント:今回の新たなブランディングで親子が行きたくなるサイトを作ることで、多くの子どもたちが“平和”を感じるきっかけになることを願っています。

●第2弾:広島に来たらやっぱり-家族で行こうピースな旅-(制作者:吉村 和奏)

https://peace-tourism.com/lp02/

 広島旅行の中で、子どもと平和について考える機会を作りたいと考えているお父さんお母さんのためのサイトとして制作。子供だけにとって貴重な体験ではなく、親にとっても学び直しや発見、子供との交流が生まれるサイトをコンセプトとし制作しました。

 制作者コメント:ご両親に、まず見てもらい、広島に来た時に、『知ってる?』『この場所はね・・・』『探してみようよ』と、お子さんと語るきっかけになれば嬉しいです。

●第3弾:カープにまつわる場所をめぐってヒロシマを学ぼう!(制作者:高橋 悠美)

https://peace-tourism.com/lp03/

 「身近に感じる」平和をテーマに、広島旅行をするカープファンの親子に向けて制作。カープファン歴25年という自身の経験から、他県に住んでいるカープファンは広島を訪れたいと思っている人が多く、広島に行くなら平和についても知りたいと思っている方が多いことをリサーチし、ターゲットを設定。オリジナリティあるサイトを完成させました。

 制作者コメント:新しいブランディングの1例として制作しました。カープの歴史から身近な平和を感じてほしいです。

●第4弾:-こどもと一緒に歴史探検!-ヒロシマ学び旅 (制作者:浅野 悠)

https://peace-tourism.com/lp04/

 ターゲットとして、広島や戦争に関する予備知識は多くないが子どもには伝えたいと考えるお母さんと、広島に興味を持っている小学5年生の子どもを想定し、親子が一緒に調べることが出来る初心者向け観光案内&やわらかお勉強ページを目指しました。気軽に、楽しみながら広島について学ぶことが出来ます。

 制作者コメント:広島を再認識し知ってもらう初心者向けページとして作りました。子どもと調べたり家族旅行先の候補になったりしたらとても嬉しいです。

■デジタルハリウッドSTUDIO Webデザイナー専攻 主婦・ママクラスについて

 デジタルハリウッドSTUDIOでは自分らしく学び、多様な働き方を叶えるスキルを習得する講座を展開しています。本プロジェクトでは、女性の多様な働き方を応援する「Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス」の受講生が、就職・転職、在宅ワーク、フリーランス、複業/副業、地方移住など、希望のライフスタイルや働き方を実現するための実践カリキュラムとしてWeb制作に挑みました。

 「Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス」の受講生がカリキュラムに取り組む様子や、取り組み中の感想等はぜひこちらをご覧ください。

 【レポート】

 在学中に企画~制作・提案に挑戦。主婦・ママクラスにて 『Hiroshima Peace Tourism』特設サイトを制作しました。

https://school.dhw.co.jp/school/shibuya/blog/20220114.html

 制作実績のある卒業生を多く輩出し業界で活躍できるクリエイターを育成することで、女性の自由な働き方を応援してまいります。

■説明会開催中

 デジタルハリウッドSTUDIOにご興味をお持ちの皆さまへ、受講生・卒業生の活躍や作品紹介、カリキュラムのご案内など、各校舎の説明会にて行っています。ご興味のある方は、お近くの校舎を選択の上、ぜひ説明会へお越しください。

https://school.dhw.co.jp/form/counseling/

【デジタルハリウッドSTUDIOとは】

 『デジタルハリウッド STUDIO』とは、「好きなことを、好きな時間で、好きな場所で、自分らしく学ぶ。」今までにない"ラーニングスタジオ"をコンセプトにした、目的や地域に特化した学習スタイルを提供するプラットフォームです。デジタルハリウッド設立より25年以上もの間、多くの実績を生んできた教育ノウハウとメソッドを集約し、確実にスキルが身につくカリキュラムを提供しています。

 「ワーク・シフト」が注目されはじめ、働き方が大きく変わる中、併せて生活スタイルも時間の使い方そのものが変化をしはじめ、必然的に"学びのスタイル"も変化をしている流れをいち早く察知し、デジタルハリウッドでは2012年より、この「新しい学びのスタイル」を提供し始めております。

 デジタルハリウッド拠点一覧: https://school.dhw.co.jp/school/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ