PR

ニュース 経済

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」のウェディング事業を受託

株式会社ベストホスピタリティーネットワーク

 株式会社ツカダ・グローバルホールディング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚田正之)の傘下である株式会社ベストホスピタリティーネットワーク(以下 BHN)は、2022年1月1日(土)「ANAインターコンチネンタルホテル東京」(東京都港区、運営:ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の婚礼部門を受託し、2022年1月8日(土)より「ANAインターコンチネンタルホテル東京」でのブライダルフェア・結婚式の予約受付をスタートいたしました。

 ANAインターコンチネンタルホテル東京は、日本的なおもてなしの心が生む上質なホスピタリティと国際水準のサービスが調和したインターナショナルホテルで、赤坂・六本木・霞が関まで各徒歩圏内という国際的な政治経済の中枢機能が集結する東京の中心部に立地しています。

 総客室数844室(内クラブフロア85室)、国内最大級の規模(600平方メートル )を誇る宿泊客専用「クラブ インターコンチネンタル」ラウンジ、ミシュラン三つ星シェフが繰り広げる美食空間「ピエール・ガニェール」を始めとする多彩な12のレストラン&バーに加え、国際色豊かで多目的な集いを実現するボールルーム「プロミネンス」(最大収容人数2000名)をはじめ、大小合わせて22の宴会場を備えます。寛ぎと機能性を融合させた洗練された雰囲気の中、世界各国からのお客様をお迎えする躍動感に満ちた国際派のホテルです。

 BHNは、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ(竹芝)の経営・運営、ザ ストリングス表参道(表参道)の経営・運営、キンプトン新宿東京(新宿)、ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(品川)、ツキ シュール ラメール(竹芝)の婚礼受託をメインとしたホテル事業・婚礼サービス事業を展開、事業拡大を目指します。

 【「ANAインターコンチネンタルホテル東京」ウェディング施設 】

 ■挙式会場

「チャペル ブリリアント」
「スカイチャペル」
「神殿」

 ■バンケットルーム

「プロミネンス」
「ギャラクシー」
「オーロラ」
「グローリー」
「リブラ」
「アリエス」

 【「ANAインターコンチネンタルホテル東京」ウェディング施設概要】

 名称:ANAインターコンチネンタルホテル東京

 住所:東京都港区赤坂1-12-33

 アクセス:地下鉄溜池山王駅13番出口より徒歩1分

 運営エリア:

 チャペル ブリリアント(最大収容人数100名)

 スカイチャペル(最大収容人数40名)神殿(最大収容人数40名)

 バンケットルーム×6(収容人数:8~180名(着席)、少人数専用のパーティルームあり)

 HP:https://weddings.anaintercontinental-tokyo.jp/

 【運営会社概要】

 社名:株式会社ベストホスピタリティーネットワーク

 設立:1983年2月3日

 所在地:東京都港区海岸1‐16‐2

 代表取締役:塚田 正之

 従業員数:406名

 事業内容:

 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの経営・運営

 ザ ストリングス 表参道の経営・運営

 ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの婚礼事業の業務受託

 キンプトン新宿東京の婚礼事業の業務受託

 ツキ シュール ラメールの婚礼事業の業務受託

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ