PR

ニュース 経済

野村不動産グループ 株式会社プライムクロスによる武蔵株式会社の全株式取得に係るお知らせ

野村不動産ホールディングス株式会社

 野村不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:沓掛 英二)は、当社住宅部門の株式会社プライムクロス(本社:東京都新宿区/代表取締役:上羽 健介、以下プライムクロス)が本日付で、武蔵株式会社(本社:東京都港区)の全株式取得を完了し、子会社化したことをお知らせいたします。

概要

 武蔵株式会社は、膨大な住宅物件情報をマルチデバイスで一元管理・展開するクラウドシステム「マルチユース」を主力商品として有し、多くの顧客から評価を得ている不動産関連システム開発企業です。またプライムクロスは、当社グループの一員として不動産分野におけるインターネット広告代理事業で多くの顧客・実績を有しています。

 今般の株式取得(子会社化)を通じて、不動産仲介事業者へのソリューション強化、新築マンションデベロッパーを含む不動産会社全般へのシステム開発、顧客情報や物件情報のデータ活用支援など、データマネジメントとデジタルマーケティングの融合による不動産DXを推進してまいります。

 【参考:プライムクロス発表資料(2022年1月14日発表)】

https://www.prime-x.co.jp/news/1245/

 【株式取得対象会社の概要】

 当社グループでは、ICTやデジタル技術を活用した不動産に関連・付随するさまざまなサービスの研究・開発にグループ一丸となって取り組んでおります。2020年4月には組織体制を変更し、改称したDX・イノベーション推進部の下、人材採用・育成も含めた施策を推進してまいりました。今般のプライムクロスによる武蔵株式会社の株式取得(子会社化)では、グループの不動産DX機能の強化のみならず、武蔵株式会社の熊本市の開発拠点を活用した地方のIT人材活用なども期待しており、これからもグループ全体の競争力向上を目指し、ICTやデジタル技術を活用したさまざまな取り組みを推進してまいります。

■株式会社プライムクロスについて

 プライムクロスは2006年、野村不動産とセプテーニ・ホールディングスの出資により誕生した、不動産に特化したデジタルマーケティング会社です。これまで、国内不動産、住宅関連企業を中心に、多くの企業のマーケティング支援に携わってまいりました。「先進のデジタルコミュニケーションを通じて、一人ひとりに最も価値のある情報を届けることにより、人と街と暮らしを笑顔でつなぐ」をミッションに、業界特化ならではの、クライアント企業様の事業・ニーズに寄り添ったサービスを提供しております。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ