PR

ニュース 経済

希土類元素(レアアース)市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション

 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「希土類元素(レアアース)の世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を1月6日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/imarc1037037-rare-earth-elements-market-global-industry-trends.html

市場の概要

 2015年から2020年にかけて、世界の希土類元素市場は約7%のCAGRで成長しました。

 レアアース(希土類元素)とは、地殻中に存在し、同様の化学的・物理的特性を示す17種類の元素群のことです。レアアースは、セリウム、ネオジム、エルビウム、ホルミウム、ランタン、プラセオジム、イットリウム、ジスプロシウムなどが広く使われています。これらの元素は、高導電性、耐熱性、磁性、軽量など多くの利点を持っています。その結果、レアアースは、自動車、輸送、発電、建設、医療、防衛などの様々な最終用途分野で多様な用途に使用されています。

市場の動向

 現在、自動車産業の拡大に伴い、自動車用の触媒や磁石の製造にレアアースの利用が進んでいます。また、燃料電池自動車からのCO2排出量の増加に伴う環境問題への関心の高まりから、世界的に電気自動車の需要が高まっています。これらの電気自動車には、高効率のバッテリーを製造するために、ネオジム磁石やプラセオジム磁石などのレアアースを使った永久磁石が数多く使用されています。また、排出ガスを削減するために自動車に触媒コンバーターの装着を義務付ける厳しい規制の実施も、希土類元素市場を牽引しています。さらに、先進的なエネルギー発電設備の普及により、タービン、リアクター、発電機、変圧器などの製造にレアアースが使用されるようになっています。さらに、LED/LCDテレビ、スマートフォン、ノートパソコン、スマートウェアラブルなどのスマート電子機器の人気が高まっていることも、レアアースを用いた部品の需要を押し上げています。さらに、光ファイバーの出現により、高効率のファイバーを製造するために、ネオジム、エルビウム、ホルミウムなどの様々なレアアースの利用が促進されています。今後、2021年から2026年にかけて、世界の希土類元素市場は力強い成長を続けると予想されています。

主要な市場区分

 世界の希土類元素市場は、タイプ及び地域に基づいて分類されています。

 タイプ別の市場区分

 ・磁石

 ・ニッケル水素電池

 ・オートキャタリスト

 ・ディーゼルエンジン

 ・流体分解用触媒

 ・蛍光体

 ・ガラス

 ・研磨用パウダー

 ・その他

 地域別の市場区分

 ・中国

 ・日本・北東アジア

 ・米国

 【 無料サンプル 】

 当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。

https://www.gii.co.jp/report/imarc1037037-rare-earth-elements-market-global-industry-trends.html

 【本件に関するお問合せ先】

 販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

 TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)

 E-mail:dbm@gii.co.jp

 URL:https://www.gii.co.jp

 【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】

 1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

 創立:1995年

 所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

 事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売

 市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp

 委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

 国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ