PR

ニュース 経済

小学生が自由研究で開発したストロー『STROLL_01』が特許を取得!巻いて使って、広げて洗う。繰り返し使えて、楽しく減プラ。

 光浦醸造工業株式会社(所在地:山口県防府市)代表取締役の光浦健太郎は、2019年夏休みの自由研究にて娘の光浦更紗(当時小学3年生)が研究発表した「環境にやさしいストロー作り」におけるシート製ストローのアイデアをもとに開発を継続し、2021年9月16日に特許庁より特許査定通知(出願番号:特願2019-227741)を受領いたしました。

 ■概要

 2019年夏休みの自由研究にて、当時小学3年生だった光浦更紗(さらさ)が、繰り返し洗って使うことができるシート製ストローを開発して発表。その後、父親である光浦健太郎(光浦醸造代表取締役)が研究をバトンタッチし、親子で特許出願をおこないました。光浦醸造ではそのアイデアを元に商品開発をおこない、同社の新規事業として『STROLL』ブランドを立ち上げ、2021年6月に「STROLL_01」をリリース。

 そしてこのたび2021年9月16日に、特許庁より特許査定通知(出願番号:特願2019-227741・登録番号未付与)を受領いたしました。

 ▼?STROLL

https://mitsuura.jp/wp/stroll/

 ▼?note:自由研究から特許取得までのストーリー

https://note.com/mitsuura/n/n5ec435532359

 ▼?10月13日よりクラウドファンディングにてSTROLLの新アイテム「Origami straw」が登場します。

https://camp-fire.jp/projects/view/491824

 ■自由研究の内容について

 自由研究は、自然由来の素材のストローと、繰り返し使えるストローの比較から始まりました。

 まずは自然にかえる素材である、麦わら、竹、空芯菜などの円筒状の植物で試し、次にライスペーパーや葉っぱを丸めてストローにしたり、マカロニをつなげてストローをつくったりしました。その後、繰り返し使用できる素材のストローも試してそれぞれの特徴をまとめました。

 その結果、自然にかえる素材は「繰り返し使用できない」「強度が足りない」ことと、繰り返し使えるストローは「洗いにくい」「口当たりが悪い」という欠点があることが分かりました。

 そこで、葉っぱやライスペーパーを巻いてストローをつくったように、クリアファイルを巻いてつくれば、繰り返し使えて洗いやすいのではないかと思いつき、A4のコピー用紙を使って設計図をつくることにしました。

 ストローとしての機能を満たすようにシートを巻ける展開図を、試行錯誤の末に作成。クリアファイルでシートを作成し、洗って繰り返し使える「環境にやさしいストロー」が完成しました。

 ■その後、大人の自由研究へ

 小学校に自由研究を提出したところ、学校の先生から「お父さん、これ特許取れるんじゃないですか?」というお言葉をいただき、その後、娘の自由研究の内容をブラッシュアップして3ヶ月後に特許出願をおこないました。

 その後も研究開発を進め、光浦醸造の新規事業として『STROLL』ブランドを立ち上げ、2021年6月に「STROLL_01」をリリース。

 このたび、2021年9月16日に特許庁より特許査定通知を受領いたしました。

 ■次のステップへ。STROLLの新アイテム「Origami straw」

 STROLLブランドの新アイテム「Origami straw」をキャンプファイヤーにてクラウドファンディングに挑戦中。「STROLL_01」よりさらに携帯性に優れた使い切りタイプのシート製ストローです。

https://camp-fire.jp/projects/view/491824

 ■光浦醸造について

 会社名:光浦醸造工業株式会社

 所在地:山口県防府市大字台道3532-4

 創 業:慶応元年(1865年)

 事 業:味噌、醤油、調味料、レモンティーなどの製造販売

 W E B:https://mitsuura.jp/

 光浦醸造は、慶応元年創業。山口県防府市にある小さな醸造所です。

 「味を、人を、あわせる、」という理念のもと、長く作り続けてる味噌などの伝統調味料だけではなく、近年ではフロートレモンティーシリーズなど、食卓をより豊かにすることを目的としてものづくりに向き合っています。

https://mitsuura.jp/wp/?page_id=129

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ

PR TIMES TVトップへ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ